FC2ブログ

12月 « 2020年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

特選銘柄登場!仕込み期間

2019年 11月20日 04:45 (水)

こんばんは、おじさんです。おじさんね、人の能力なんてそんなに大きな差はないと思っています。人間なんて元々不平等に生まれてきていますよね?お金持ちの息子で一生お金に困らない人もいれば、何をやっても上手く行かず人生をあきらめてしまった人もいますし、身体が丈夫で長生きする人もいれば、身体が弱く長生きできない人もいます。
しかし・・・・・全ての人に共通する平等が一つあります。それは、お金持ちも、貧乏人も、健康も不健康も、同じ時間の中でしか生きられないと言う事です。

つまり、一日は24時間しかなく、一週間は7日間。全ての人は平等です。

ならば、短い株式投資の時間で成功するためには、寝る時間を削るか?休日を減らして努力するか?持って生まれた能力に大差が無い以上、自分の持つ時間を削って、人知れず努力する。
元々株式投資というのは、見えない未来に大金を賭ける博打であり、おじさんはこれまでに、マーケットから退場させられた多くの人を見てきました。

株式投資は欲と恐怖心との戦いです。だから見えない未来が少しでも見えるように、おじさんは日々殆ど全ての銘柄のチャートを見て、米系から届く沢山の資料を読んで、そして運用と言うとても難しい仕事をしています。
平均の睡眠時間は毎日3時間です。もう何十年もこの生活ですから、辛くはありません。

何が言いたいのかと言うと、本日の検証で複数の共通する銘柄に終日買い物が続き、これらを本気で勝負していこうと思ったからです。おじさん、これまで大きな暴落相場をいつも乗り切って来ました。何故嫌な感じが判るのかと言うと、指数や大多数の銘柄の前に暴落する銘柄が必ず出てくるからです。
ITバブルの時のSEGAがそうでしたし、リーマンショックの前には鉄鋼や海運以外のところから多数暴落銘柄が出ていましたからね。

そんな中、本日共通するテーマのある銘柄3つが終日買われており、5分足観測でも下げのタイミングになっても下げない動きが確認されました。当然、注文を出している米大手にもどこの買いなのか?問い合わせています。もちろん守秘義務がありますから、ファンド名は終えてくれませんが、手を入れてきた事は間違いありません。

その銘柄は4651サニックス、8358スルガ銀行、そして8848レオパレスです。これらの共通点は?スルガ銀行とレオパレスは不祥事による業績の悪化ですが、サニックスは違いますが、この3銘柄に共通するのは、信用取り組みの良さです。
つまり、空売りを多く飲み込んでいます。おじさんは売りもやりますから空売りが怖いなんて思いませんが、空売りと言うのは(将来の買い)なのです。

4651サニックスは好調な四半期決算発表で逆に売られましたが、四半期決算発表前から業績が好調とのレポートは届いており、先回りの買い手からのり食い売りで一時的に下げたものと思われますが、その売りが一巡した先週末の後場から継続的な買い物が続き、5分足観測ではかなりの過熱感になっています。

実はこの銘柄は2012年秋からの立ち上がりの相場で、シロアリと呼んで、おじさんたちに大きな利益をきれた銘柄であり、ずっと値動きを追っていました。本日、10月高値の433円を抜けて引けたことにより、6年ぶりの上昇相場入りが確認されました。
まだ空売りを多く飲んでおり、踏み上げ相場開始とみます。一押し。

8358スルガ銀行は先日の四半期決算での業績回復がサプライズでしたが、月足観測では(底つき反動高)の可能性を強く感じます。底つき反動高についてご説明しておきますと、急落した銘柄が底をつけると、ポーンと跳ね返って大きな反発をします。
そうですね、ビルの屋上からスーパーボールを落としたようにイメージでしょうか?それは急落幅が大きいほど反発力も高まります。
参考例を挙げますと7974の任天堂ですかね。おじさんたちもチャットルームで指摘を続けてきましたが、時間がかかりすぎて取りきれませんでしたが、任天堂の2012年安値8070円に対しての2605円高値が底つき反動高です。

一般的に底つき反動高は安値から最低でも3倍、通常は4-5倍に反発するものですから、8358がおじさんの見立てどおりに底つき反動高相場入りを果たせば、安値353円に対して最低でも1000円以上が見込める計算になります。
底つき反動高の原動力になるから売りも多く残っています。

8848レオパレスは先の四半期決算も悪く、一押し、二押しではありませんが、下げていた短期日足線が下げ6合目から旧反転しており、買い手の存在を感じます。

今夜の米市場は下落し、ドル円の短期日足線も少し下向きになってきて、指数はまだもう少し重いかもしれませんが、こういう動きが出てきた事は非常にポジティブですから、やはり来年は大きな上昇が待っているのだと思います。
おじさんは、もう50年近く相場を解説者でなく、参加者として戦ってきました。毎日、毎日検証しても何も変化のない事も多いです。でも本日は久しぶりに同じテーマの複数の銘柄に強い買い物が入りました。いずれの銘柄も先週末の後場からです。

底つき反動高なんて言葉を知っている投資家もAI超高速売買が主流になった現在、かなり少ないと思いますが、相場は相場。大きな流れは変えられません。
以上の3銘柄、5分足観測ではかなり加熱していますから、最初の買いを入れた後は押し目で追加するようにしてください。以上です。

コメントの投稿

非公開コメント