FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

メジャーSQ買い仕掛けと安倍三選期待の買い

2018年 09月18日 05:32 (火)

こんばんは。管理人です。先週は比較的良い相場で、ポジションが小さい中では順調で、買い銘柄が上げ、売り銘柄が下げると言う展開が週半ばまで続いた後、SQ前の一日とSQ当日は売り銘柄にも切り返す動きが広がり、ルールどおり切り返したショート銘柄はルールでは買いを合わせるのですが、私はさっさと買い戻して利食ってしまい、残りは化粧品株へのショートだけになっています。
おそらく化粧品株が切り返せなかったのは、第三水曜日に発表される8月の訪日観光客数を懸念しているからだと思います。

メジャーSQ通過後の相場では売り買い交錯する中を待望の指数の重要な高値23050円を抜けて引けました。チャットルームの合わせて私も指数連動型のETFを買っておきましたが、この時間米市場は下げており、今後の展開や需給が気になるところです。
香港の米大手に聞いてみましたが、買いも入っているが、売り物も多くまだ米系の動きは一定ではない。強気のところもあれば、弱気のところもある。メジャーSQを高くしたい動きはありましたが、9月という難しい月という事もあり、まだ足並みは揃っていないように思います。それでも米国以外では日本株が強く推移しており、日本株だけは買い物も入っている印象です。という事でした。
おじさんに代わります。

こんばんは、おじさんです。まず需給なんだけれど、メジャーSQを高く引けさせたい大口のプレイヤーがおり、彼らはメジャーSQ通過で手仕舞いしたのですが、例の安倍さんの三選は買いという参加者がその売り物を買って、指数が23050円を抜けて引けたと言うことです。メジャーSQですから、出来高は増加するのが当然なので、自然な切り返しではないものの、東証一部の1000銘柄以上が切り返しており、少なくともテクニカル面での変化は出ました。

テクニカル的にはこの23050円抜け引けは指数の1月高値突破を示しており、24500-24600円が最初の目標値になります。ただそれは11月~12月に向けての上昇になりそうで、9月という日柄。そして未だ25日移動平均線が下向き銘柄多数と言う現状を踏まえますと、強含みのもみ合いを続けながら、個別銘柄の下値を固めていくような展開を想定します。

今回の23050円抜けで、おじさんは先物を買いました。そしてショート銘柄の切り返しに買いをあわせました。当然切り返していないショート銘柄についてはそのままですし、最大派閥の三菱自動車も切り返せていないため、つないだままにしています。
指数は23050円を抜けたものの、まだ米系の買いが本格化はしておらず、物色がどこに向かうのかもまだ見えていない。そして個別銘柄もチャートを整えなければならない。と言う理由で先物を買いました。それもそこそこの数量を入れています。

個別銘柄ではやはりIT関連銘柄が強く、週末に年初来高値を更新してきた銘柄の中で一番多いのがこの関連銘柄です。IT関連とはソフト、インターネット、ゲームなども含めますが、基本的には2000年のITバブル時に高値をつけていた銘柄群を指しています。
保有株の中では9984ソフトバンク、9613NTTテータ、4739CTCなどであり、これに買値を上回って推移を続けている海運やメガバンクなどを持続中ですが、7906ヨネックス、東京五輪に向けた反発は始まっており、ここは期待。
保有株でないものも含め、4901富士フイルム、8473SBI、4719アルファ、などはしっかり上向き銘柄です。

すでにみなさんにはお話しておりますとおり、おじさんは今年、2012年以降でここまでの年間のパフォーマンスが非常に低く、今回、先物だけは強気で買っており、ロスカットの設定はしておきます。
22800円を割るような展開になれば、今回の先物買いは一度返済と決めておきます。

先週、業種別指数では医薬品、商社、通信が抜けてきており、海運も6月以降の高値を更新して来ており、少しずつですが変化も見られています。今の所以上です。

コメントの投稿

非公開コメント