FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

ロングショートに戻りました

2018年 09月06日 06:21 (木)

こんばんは、おじさんです。先週はずっとしっかりの相場が続き、非常に重要な高値で抜ければ指数の1月高値抜けを想定出来得る23050円抜けにチャレンジしたものの、寄り天で23032円と届かずその後は400円幅の調整を強いられています。
ただ今週前半の二日間はレイバーディで米市場が休場のため、米国本土からのフローが少なく、いや殆ど入っておらず、その需給悪だけの調整と見ていました。
何せサマーバカンス明けの米系は日本株を買いから入ってきていましたし、安倍さんの選挙戦のうたい文句であるアベノミクスの経済的効果を側面支援の意味もあったのでしょう。

しかし、以前から気になっていたのですが、強いのは米本土株と日本株だけであり、香港、中国はメタメタ、新興国の株価は非常に弱い動きです。新興国については米国の9月利上げが確実視される中、売られるのは定石どおりではありますが、おじさんは本日のいびつな相場に注目しました。

本日チャットルームでは朝から今回の大型台風の被害で関西国際空港が閉鎖になっているニュースを受け、最近反発力を強めていた化粧品などインバウンド関連の下げがどうなのか?を書かせましたが、寄りつきから弱く、すぐに短期の空売りを仕掛け、利食った後、戻りの弱さを見て先日の切りかえしまでやっていたショーと銘柄への買いを外しました。

本日の相場ですが、他にも気になる動きがありました。本日指数こそ100円安で一番強い節目、壁である22500-22600円を守りぬきましたが、9983ファーストリテーリングだけで指数を60円弱押し上げており、年初来安値更新銘柄も一気に増加。また保有株の中で上向き25日線の上に株価が位置し、サマーバカンス明けの米系資金が入ってから強い動きを続けていた5480冶金工、9984ソフトバンクに強い売り物が出て、上向きですが25日移動平均線を割り込みました。

保有株の中では新規に組み入れたIT関連銘柄は順調なものの、ショートの利食いからドテン買いの6501日立が買値割れのロスカットになった他、6590芝浦も買値割れのカット、9501東電も返済となった他、主力銘柄である7211三菱自動車はすでに792円直近安値割れで再び全部つないでいる状態です。

23050円を抜ける前提でおりましたが、本日、米系がマーケットに帰ってきてからの動きを見る限り、サマーバカンス明けで買いから入ってきたものの、外部環境の悪化とレイバーディ明けの動きを見て投げてきたように思えるのです。
また関空の閉鎖で一時的かもしれませんが、建設、食品、化粧品など一連の天井確認銘柄から大きく下落、安値更新が出た事は非常に経過すべき事柄であり、これら銘柄が四半期決算発表直後につけた【週足の大陰線】が示すように(目先の小さな反発、その後の更なる下落)をもイメージし、おじさんは本日、ショートしていた銘柄への買いを外し、再びロングショート戦略に戻しました。

まだ22300円台抜けから買っている先物については、半分を23000円手前で利食っており、買い持ちしています。これは大引けで22500円を割り込まない限りは持続します。
ただ警戒も必要な動きであると考えます。本日買いを外してショートだけ残した名医柄は、4967、4911、6866、2897、4921、4751などです。

一方、ロングについては買値を割るか?指数そのものが売り転換するまではロングショート戦略を続け、特にしっかりの4719、4739、4722、9613などは上向きのままです。以上です。

コメントの投稿

非公開コメント