FC2ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

2012年以降一番難しい相場ではあるが何とかなる。

2018年 06月11日 07:39 (月)

おはようございます。管理人です。今回のCTAの売りし掛けはイベントリスクを避けるために買戻しが入って、指数は1000円幅の急落でとりあえず安心感が広がりましたが、引き続き年初来高値更新銘柄とほぼ同数か?指数が弱い日は年初来安値更新銘柄が多くなる相場で、毎日の騰落状況も指数が上昇しても値下がり銘柄数が値上がり銘柄よりも多い日も多く、おじさんが指摘されているとおりに米系、欧州系からは例えば先物を大量に買うような、日本株に対する強気の資金が入っておらず、同じ資金が右往左往している相場と認識しています。

運用成績ですが一時プラス25%を越えていた昨年12月からの利益も、CTAの売り仕掛けの初動で対応は上手くできたものの、全部の保有株を守ってはおらず、22000円割れの突込みでの指数連動ETFとプットの利食い売りがかみ合わなかったので、利益は減ってしまい、現在プラス20%前後になっています。またポジションも小さくなっており、需給の変化やテクニカル的な更なる好転を待つつもりです。

香港の米大手に聞いて見ますと、今回の売りし掛けはCTAの数社ですでに米朝首脳会談を前に大手は買戻しを完了させてはいますが、まだ売りを維持しているところもあります。そしてナスダックも高値を更新してきた米国株に資金が集まりやすくなっていますが、何も日本株だけに米株連動の買いが入らないのではなく、新興国、ブラジルやアルゼンチンなど新興国は売られていますし、欧州株にも弱いところがあります。とにかく米国株一人勝ちの状態で、他国のマーケットに買いが回っていかないのです。
G7が終わり、米朝首脳会談が終われば変化が出る可能性もあり、変化あればお知らせします。という事でした。おじさんに代わります。

おはようございます、おじさんです。おじさんの利益は過去半年で、たったの10%弱と相変わらずアシスタントと言うか弟子の周にも管理人にも負けている状態です。昨年12月1日の寄付きが22916円でしたから、先週末の引値22694円とマイナスになっていますから一般的にはベンチマークに10%買っている優秀なファンドとなるかもしれませんが、おじさんのライバルのファンドに優秀な成績を上げているファンドがあり、ここは米国株メインに日本株を含めたアジア株でポジションを取っているところで、おじさんは納得がいかないストレスを強く感じています。

米国株の腫瘍指数のラッセル2000とナスダックは市場最高値更新中、ダウやS&P500が高値手前で全ての指標が上向き25日移動平均線の上に株価が位置している上向きトレンドなのに対して、日本株は今回の売り仕掛けによって辛うじて上向きの25日移動平均線の上に株価が回復したものの、日足チャートの短期日足線が下げ7合目から横ばいに転じただけのまだ不安定なチャートです。そしてこの週末の検証で確認してみると東証一部銘柄の半数が25日移動平均線の下で株価が推移し、同じく半数の銘柄の短期日足線が下向きとなっています。

ハッキリ解説者ではなく参加者として言いますが、今年の相場は2012年以降一番難しい相場です。トレンドの継続性も弱く年初から好調に推移していたプラント株の6366千代田化工建設や1963日揮などは短期25日線が下向きになって下げていますし、脆弱な相場です。また日本株に対する強い買いも確認されていない。では売りで攻めればどうか?
米国株が好調な状態で売りを仕掛けてたとしてもなかなか上手く行かないのが属国日本株であり、安倍政権の三選目が決まれば買いは入るのですから、無理があります。

ではどうするか?判っているところだけをシンプルにやるのです。おじさん今は個別株のポジションをどんどん増やしてはおらず、直近高値22547円を抜けて引けたので先物は買い持ち。ここを割り込めば返済と指数中心にして、米短期筋の買いが確認された2部、新興低位株への待ち伏せ買い。どういう事かというと、初動は見送って2日ほど沈静化している安値を拾って次の急騰で利食うのです。

先週であれば9424の日本通信と5940の不二サッシ、3111のオーミケンシなどで利益を上げています。この低位株については後スタントの周が専門家で毎年実に巧みに利益をあげるので彼からのレポートを見ておじさんもやっています。
彼からの報告によると5850、6380、4222、5952、5955、7831、5610、9878、1850、4712、9973、2371、3356、6625、3111、8922、6131、9127、5940、6819、9424、2134、3113、8705、8946、1844で、中心銘柄は9424と5940であり、急騰後一日半下げた付近から注目し、下値だけを拾って次の噴き上げを待つスタイルです。

9424であれば明日の後場あたりが拾い場と書いてきています。以上です。

コメントの投稿

非公開コメント