FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

今年の相場は非常に難しいけれど5-6月の行動で勝ちきれる。と言う相場観

2018年 04月09日 05:02 (月)

こんばんは。管理人です。週末の相場は周さんのお休みでチャットルームが開催されませんでしたが、指数が21597円を割れてしまい、そこを抜けたところで買った1579ETFを返済したので現物枠に残している7211三菱自動車、8473SBI、2768双日、1919ヤマダSXL、8202ラオックスなど小さなポジションで終わりました。

おじさんからは全部の銘柄が弱い相場ではない。連日年初来安値更新銘柄も多いけれど、負けないぐらい年初来高値更新銘柄も出ており二極化相場だとの説明は聞いており、強いのは化粧品、ドラッグストア、医薬品の一角、外食、スーパーと小売。そして最近になって電力。弱いのは好業績予測のハイテク、機械などの優良株で個人の信用の買い残が多く残っている銘柄。
もちろん私もこれで飯を食って家族を養っているわけですから、何度かロングショート戦略を取ろうとはしました。しかし3月期末の配当権利取り以降は新年度相場で売り物も減っており、どうしてもすでに割り高になったまま上げているそれら値嵩株を買う気持ちになれず、今はおじさんの予測にある5-6月の安値場面で個人が投げたハイテク銘柄などを仕込もうと待っております。

香港の米大手に聞いて見ますと、引き続き日本市場には外国人からの新規の買いは観測されていません。日本国内の新年度の買いと売り方の買戻しが相場反発場面で入る程度です。内需系の好業績銘柄にはリバランスの買いが入っておりますが、パフォーマンスの悪い保有株を売って、パフォーマンスの良い銘柄を買う作業だけは入っている感じですね。
やはり先に米市場が回復しないと日本株は厳しいと思います。CTAは下値を叩いて売った分は買い戻しも入れましたが、依然として上から売って大きな利食いになっている本玉は持ったままで、まだ彼らの動きで相場は不安定です。との事でした。
おじさんに代わります。

こんばんは、おじさんです。先週末はチャットルームを結局後場も開催できず申し訳なかったね。周の検査が長引いて場が開いている時間には帰社出来なかったんだ。もっとも彼が早く帰っていても金融当局の担当者が一部顧客の資料を求めに来社していたからね。おじさんも参加は出来なかったよ。その顧客は中国でビットコインの取引所に出資をしていて、今だ多くのビットコインを保有しているからね、調べられているようなんだ。中国や台湾は仮想通貨の売買はほぼ禁止されているからね。G20の後の規制強化と聞いています。

さて、おじさんも先週は久しぶりに先物を強めに買っていたんだけれど、抜けた21597円を割れたので返済になってしまったね。おじさんは金融当局の担当者と話をしていたので見ていなかったんだけれど、先物だからロスカット設定はしてあったから。
もちろん買値近辺での小さな損だけだよ。アシスタントの周は107円をロスカットに設定していたドル円はロスカットにかかって利益なしで保有分が自動返済となさったものの、買っていた1579ETFはそのまま持っており、週明けは頭が痛いと話していましたね。

基本的な相場観と戦略には変化無く、個人の信用期日とヘッジファンドの半期決算に伴う換金売りが想定される5-6月の安値で、個人が投げる好業績銘柄を買う方針に変化はありません。
それまでの過程についてははっきりとは見えていないものの、希望的観測としては4月の好需給でフラフラと戻って欲しいんだ。買いたい銘柄に少量でよいから空売りを入れておきたいからね。その好業績予測で個人が今だ大きく信用で買い下がっている銘柄の四半期、本決算発表後の下げをイメージさせる動きがありました。

銘柄は6474の不二越です。工具、軸受けのほか工作機械やロボットも手がけていて昨年11月には850円まで買われたものの、4月5日の決算の伸びが悪く大商いでストップ安手前の95円安で引けていたよ。
伸びが悪いと言っても来期の1株当たりの利益は44.3円に達しており、ここまで売られる理由はない。その面からはね。でも信用取引の状況を見ると、昨年10月当たりから急増し、高値から20%以上も今年になって下げていたにも関わらず、信用取引の買い残は高水準を維持していたんだ。

おそらく、おじさんが買おうとして観察している個人が買いついている銘柄は四半期決算以降は売られるほうが多いだろう。その先行指標が不二越だとおじさんは見ます。
2282、5801、2914、6954、6273、8035、4063、7203、4042、4005、6702、6723、3436、5301、6506、7238、6770、5803、6754、5713、7911、6594などがその対象銘柄です。おじさんは四半期発表から5-3月に向けての下げで個人の投げが確認されればこれら銘柄を買って出るつもりです。もちろんか大きく下げれば。と言う前提です。

もしこれら銘柄に売りを入れるならば、ロングショートとして6630ヤーマン、9501東電、そして直近高値を取ってきた8136あたりがよろしかろうと思います。
引き続き現物への買いは慎み、指数のタイミングに合わせた売買に徹し、底をつけて個人が投げるのを待ちます。以上です。

コメントの投稿

非公開コメント