FC2ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

変化あり

2018年 04月06日 05:16 (金)

こんばんは、おじさんです。テクニカル的な判断で本日の指数の直近高値越え、つまり21597円を抜けたところでおじさんは先物を買いました。おじさんは今年の買い場というか勝負どころは個人の信用買いの期日到来と世界的に運用成績が厳しいヘッジファンドの換金売りが想定される4末から5-6月に下げれば、そこは大きく買っていくのが基本的な戦略で、需給の好転する4月には半ばから20日付近までにフラフラとした反発を期待していました。

本日はチャットルームで書いたとおり、おじさんは先物、アシスタントの周は日経連動ETFの1579をそれぞれに買い、周の予測どおりに日本市場が引けた後のドル円の107円抜けを確認しておじさんは更に日本株先物への買いを強めました。
現物への買いはもう少し後を想定しているのでまずは先物から買ったのですが、需給の確認は必要なので引け後に問い合わせしてみると、ガイジン、特に米系資金からの新規の買いが大きく入ったという事はない。

ひとつはCTAの買戻し。本玉ではなく3月の下げに積み増した日本株先物売を買い戻しに動いた事。それと個別株に入れていたから売りを買い戻す動きが出てきた。もうひとつ今週に入ってから期日接近と信用のやられが重荷になった個人が買い下がっていた信用の買いを解消する動きが広がり、個人があきらめて返済をした銘柄については短期筋の買いも確認されたとの事。
一方で本日も売りを追加している銘柄もあり、まちまちではあります。と言うのでたとえばどんな銘柄に動きがあったのかと聞いてみると2282の日本ハムや、9433のKDDIなどです。との返信が先ほどありました。

ここで信用の買い残について説明をしておきたいんだ。個人の信用の買い残のピークってのは面白いもので、株価が天井をつける場面と逆に安値をつける場面。ここも信用の買い残がピークをつけることも多いのよ。
おじさんが狙ってるのは個人の信用の買い残が高水準で残っていて次の四半期決算での業績の伸び率低下や2019年3月決算に慎重な数字を出して売られ、個人の投げが出る銘柄。これを買いたいんだ。
観察しているのは、2802味の素、2282日ハム、2914JT、4005住友化学、5301東海カーボン、5803フジクラ、6506安川電機、6770アルプス電気、6954ファナック、6971京セラ、7911凸版印刷、9433KDDIあたりなんだけど、すでに信用の買いが減少し始めた銘柄もあり、底打ちを果たした可能性もある。

2282の日ハムなどはここ一週間ほど出来高が膨れ上がって底から立ち上がって、外人からの空売りにも買戻しが入ったと言うこと。こういうのは拾ってもよいと考えます。
変化としたとは言え、指数はまだ下向き25日線の上に株価が出たところ。ドル円は本日から25日移動平均線が上向きになっており、この107円抜けはトレンド発生。日経平均、ドル円共に短期日足は明確に上向き。

今のところどこまで戻れるかは分からないけれど、ドル円の107円割れ、指数の21597円割れをロスカットに設定し、まずは先物、アシスタントはETFとドル買い。ここに強めのポジションを取りました。

コメントの投稿

非公開コメント