10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

指数は高値更新しなくとも銘柄選定をしっかりしておれば含み益順調な相場。

2017年 09月04日 08:04 (月)

おはようございます。管理人です。先週は北朝鮮のミサイルが日本上空を通過した事で指数は直近安値を割り込みましたが、その日でも東証一部の年初来高値更新銘柄は増加し、年初来安値更新銘柄は減少しており、結果的に現物の含み益増加と言う展開でした。私はかねてからお伝えいたしておりますとおり、資金の関係から値嵩株への投資を避けており、可能な限り株価水準の低い銘柄への投資が中心です。私思うのですが、株式投資は幅ではなく率が重要です。

現在の保有株は数年以内に業績の様変わりを期待して保有している7211三菱自動車を始め、4100戸田工業、4216旭有機材、8020兼松、4611大日本塗料、4634東洋インキ、6125岡本工作機械、3106クラボウ、最近では4826CIJ、8897タカラレーベンなど1000円以下の銘柄ばかりにしています。底値買いとしての海運も少々あります。これらは安いところから拾っているので現在の含み益は平均で40%ほどあります。

香港の米大手に聞いて見ますと、日本に限らずサマーバカンス明けのファンドは買いから入ってきています。レイバーディ明けの大手ファンドの動きを見て他も追従してくると思いますが、強気の人のほうが圧倒的に多い状況です。日本株については日本株独自の動きではなく地政学的リスクもあるものの、割安感が強い為、指数で勝負をかけてくるような動きは見られないものの、割安感の強い銘柄はジリジリ集めている。そんなファンドが見受けられますね。もし指数に強い買い物など入りましたらすぐ連絡します。と言う話でした。おじさんに代わります。

おはようございます、おじさんです。引き続き悪くは無い相場展開だね。北朝鮮ミサイルの安値場面が目先の安値になり、注目しているドル円の日足チャートの短期日足が下向きを停止し、先週半ばには上を向いた事で相場全体がしっかりしたものの、やはり最大の節目でもあり、下向きの25日移動平均線のある19700-750円の価格帯では売り物に押されて一休みの場面だね。
本日は米市場がレイバーディの休場だから判らないけれど、以前から指摘しているとおり指数の上下に関わらず、高値更新銘柄が増加してきている相場であり、良い銘柄は買って行きたい。

需給の変化としてはサマーバカンス明けからあまり動きの無かった米短期筋が再び入ってきたけれど、6月、7月に急騰させた低位株ではなく、手垢の付いていない新しい銘柄に手を入れてきたという事だね。
動きを見る限りエコナックやルックなどだろうね。まだ入ってきたばかりなので銘柄は絞り込めてはいないけれど、得意にしているアシスタントの周がいつものように彼の売買タイミングをチャットルームで書いてくれます。

さて、今週のおじさんの注目株は5476の高周波と5805の昭和電線。管理人の大好物の低位株だね。共に先の四半期決算が非常に良い数字で、時折大きな買い物が入り始めています。
特に5805の96円(昨年高値)抜けは強く買って見たい。その理由について書きます。これは今後みなさんが自分の売買として応用がきくと思うので。おじさんが4611大日本塗料を200円台で仕込んだのは、塗料、インキという業種、セクターで最も出遅れていたためです。同様に電線株は古川電工の株価倍増を始め、フジクラ、タツタ線など大きく上げているのに対して5805し低位に放置されています。そういえば4615の神東塗料にも怪しい手が出てきましたね。

株は必ず循環します。化学の先行銘柄がバブル高値を超え始め、買った化学2番手はすでに良い含み益になっています。そういう意味で注目しています。おじさんは19735円抜けあれば先物は買いに入ります。以上です。

コメントの投稿

非公開コメント