10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

大きな流れは変わらないが今は米短期筋銘柄に

2017年 07月03日 05:22 (月)

こんばんは。管理人です。先々週から続いた米短期筋の二部、新興銘柄への流れに乗って非常に好調な相場が続き、昨年12月からの利益は40%に乗りました。資金の総額が決して大きいわけではなく、もともと値嵩株が好きではない事もありますし、オーバーナイトで大きなポジションを持つ事のリスクも充分理解してるつみりですから、短期間に大きく動く今の相場は非常にやりやすいです。
もっとも私の場合は生活費や日本の家族に送るお金もありますから、もっともっと利益を出さないと安心は出来ません。根が貧乏性なのですね。笑。

香港の米大手に聞いてみますと、引き続きサマーバカンス前の利食い売りは入っています。彼らにとってサマーバカンスは非常に重要なイベントであり、年初からの半導体関連、アップルなどの優良株をある程度利食って、バカンス明けにまた戦略を練ってくると思われます。今のところ売りしかけなどは見えませんが、ちょっと全世界的に買い手の勢いが落ちつつあります。との事でした。
おじさんに代わります。

こんばんは、おじさんです。おじさんはシンガポールに住んで白人たちと時には酒を飲み、自分なりの情報網をしっかり持っています。CTAの幹部とも懇意にしていますが、結局我々の関係はギヴ&テイクであるため、日本株に対する日銀の買い入れ状況や、日本の各種年金の動向など日本国内からの需給に関しては知りうる限り話していますよ。
そんな中、年に一二度入ってきて短ければ1ヶ月、長くても3ヶ月の間、主に二部、新興の低位株を仕掛けてさっと利食ってまた休む米短期筋の動きが強くなってきた。という情報が入り、短期、スイング売買の得意なアシスタントにGOサインを出し、彼らの手が入った可能性のある銘柄をピックアップし、5分足タイミングにあわせて売買し、ここ2週間はそこそこ大きな利益を得ることに成功しました。

さて来週の相場観と方針ですが、おじさんのところに入ってくる白人たちの投資については管理人が聞いているのとほぼ同じで、サマーバカンス前の利食いが入っている状態。これは日本株だけでなく全世界的な動き。米短期筋は引き続き利食いは入れていない。という需給なんだけれど、おじさん、ひとつ納得のいかない事があるんだ。
待ちに待ったドル円の日足チャートが整って日足の両線が上向いたのに、電気、自動車など輸出関連株には依然として大きな買い物が入ってこない。

この週末もドル円の日足チャートは両線上向き。週足も短期週足は上向きに転じて来たにもかかわらずだよ。おじさんは現物を増やすよりもまず先物を買い、ドル円のドル買いにベッドし、輸出関連銘柄の転換を待っている状況なんだけれど、この先、ドル円は二つのシナリオがあるのかもしれない。ひとつはチャートどおりに円安が進んでどこかで輸出関連にも買い物が入り始めるシナリオ。もうひとつは今回の波動でドル円は直近高値を越えられず、秋に向けてもう一度底固めに動くシナリオ。これもありえる。
何故なら、この週末全銘柄のチャートを検証したんだけれど、指数が大きく上昇するような強い形の銘柄が逆に減少しているからね。

ドル円の直近高値は114円37銭なんだけれど、その手前の113~114円にはかなり強めの累積出来高の壁があり、このドル円の日足両線が上向きの間に早めにここを突破しないと、もう一度底かための動きもありえる。
ずっと考えていたけれど、東証一部の指数系銘柄を見ていてそう感じたのよ。先週、内需系銘柄は売り物が出て週足でそこそこの陰線を引いた。建設、食品など。一方、化学やメガバンクはしっかりの推移であったけれど、さあ!円安進行強くなるぞーーって感じはまったくない。

そこでおじさんは建てている指数先物は減らそうと考えています。理由は期待した輸出関連主力に強い買い物が入らないこと。東証一部全体を検証しても指数が大きく上げるような形になっていないこと。需給もあまりよくないこと。以上の点から指数先物への強気は弱めます。もちろんこの相場が2019年まで続く大相場である事はまったく変化なく基本強気ではあるけれど、そのようにしておきます。

保有株については基本含み益がある銘柄ばかりであわてて利食う必要性は感じないものの、はっきり言って米短期筋の手が入っていないところは当面重たい動きと思われます。東京都の選挙で自民党が大敗した事の影響も見極めたいところだね。
安部政権が倒れたら円紙幣をどんどん印刷して日本国債と日本株のETFを買い捲るというマジックが使えなくなるのだからね。

来週も5分足タイミングにあわせてやる銘柄は3526芦森、タカタの破綻からエアバッグ関連として人気化してきたけれど、全員参加がた相場への発展もありえる。後5815沖電線、6993大黒屋、6125岡本工作機械、4563アンジェス。これは昨年高値943抜ければ大きな相場への発展もありえます。8704とレーダーズ、6628オンキョー、6347プラコー、2330フォーサイドあたりを引き続き狙うようにアシスタントに指示しますが、チャットルームを見れない人は人気化直後の出来高減少の安いところだけを拾って噴き値売りを心がけてください。相手は百戦錬磨ですからね。

米短期筋の利食いが出たという情報は早く聞けるようにしてありますから、変化あればすぐ更新します。最後はババ抜きになるのはいつものことですから。

コメントの投稿

非公開コメント