10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

動いている銘柄群とそれ以外ではまったく違う動き。次のドル円が整った時が数年に一度の勝負場面と見る

2017年 05月29日 05:29 (月)

こんばんは。管理人です。ここしばらくは円安に動かないので、一番大きなポジションの7211三菱自動車もさえませんが、1893五洋建設や4321ケネディクスなど最近、おじさんから聞いた銘柄が強い動きをしてくれているので儲からないけれど、損もしない。そんな感じの運用成績です。
尊敬するおじさんは常々株は生き物だから日々の更新では遅いと言われており、チャットルームを解説して日々の売買を書いて頂いていますが、仕掛けタイミング、利食いの入れ方、現物と信用の使い分け。また先物が強く売られた場面での対処方法や、何より助かるのは日々の指数の方向を示していただく事です。
そのチャットルームでの書き込みの中にこれ以上内需株のポジションは増やさない。次のドル円のチャートが整った場面で勝負に出ると書いていただいています。本日はそのあたりをもう少し詳しく説明してほしいと要望を出しておきました。

香港の米大手に聞いてみますと、みんなが気にしているのはSELL MAYの売りについてですが、今年のヘッジファンドの運用成績は悪くなく、欧米株式、新興国株式ともに最高値付近にあり、なお先高感があるため、ヘッジファンドへの解約に伴う売り物が思いのほか少ないのではないか?という観測が出ています。まだ分かりませんが今のところ大きな売り物は見えません。
日本株についてもドル建てでは高値を更新していますから、大きな売りは出てきませんが、引き続き日本株の先物へ大きく勝負する動きも見えません。という需給でした。おじさんに代わります。

こんばんは、おじさんです。うんドル円についての詳しい説明だね。了解。今の日本株が米国株に連動しているのではなく、あくまで指数はドル円に連動していることは何度も書いたね。
おじさんは、次の円安トレンド発生は大きく動くと思っているんだ。そうだね、こんなは信じられないかもしれないけれど、1ドル140円とか150円とか・・・・・89年バブル高値のころは1ドル150円前後だったように記憶している。

そのドル円の週足、月足がかなり整ってきた。ここで言う整ったと言うのはみんながチャットルームで周の説明で聞く長短二本の線が下げ9合目以下になり、やがて短期の線が上を向くという意味なのよ。
おじさんと週が10年以上かけて開発した二本の線でタイミングを計るその正確さはみなも知ってのとおりだと思うけれどね、週足、月足のドル円はかなり二本の線が下げてきています。そうだね下げ9合目手前ぐらいと表現しておこうかね。

そのドル円の週足、月足、今回はまだだけれど日足まで三つの足とそれぞれの二つの線が整うのは今回の大相場に入ってから、2012年の秋と昨年秋のトランプ勝利場面との2回しかないんだ。
そして昨年秋の立ち上がりよりもドル円水準は円安に振れています。だからおじさんは預かり資産に対する現金投入を35%程度までは増やしたけれど、残りの15%は来る遠くない時期のドル円、三つの足が整う場面に投入しようと決めているのです。

だから今回はその場面が来たらドル買いにベッドするか?指数の先物をトランプ勝利以降もう一度、やろうと考えているぐらいです。

さて目先の相場についてだけれど肝心のドル円の日足の状況は日足の長い線が上げ3.5合目付近で横ばい。短期日足が下げ4合目付近。短期日足が下向きでも下げない、つまり円高に走らない強さは感じていますが、整ったという形ではない。

そして現在の相場を見渡してみるとだね、完全に二極化している相場なんだ。動きがあって上向きなのは建設、食品、機械の一角、紙パルプと精密、そして最近通信とソフト関連。小型う業績株、不動産も立ち上がりと言えるけれど、それ以外の銘柄群。非鉄金属、鉄鋼、造船、医薬品、金融などなどまったく動いていない。または弱い動きで安値更新。そんな銘柄も多いんだ。

ドル円が114円台の壁にぶつかって円高に動いてからは内需系銘柄に買いが向かっている。最近では電力の一角と運輸なんかも動きが出てきた。だから指数があげても全部の銘柄が上げ相場にはいたっていない。これは四半期決算発表後のリバランスの影響も大きいだろうね。4月の急落前にポジションを落としてから買ってきたのは、8934と4321の不動産、1893、1808、1888、1879の建設、6622、5702など好業績の内需で、それらは買ってから含み益があり、週末の検証でもチャートに異常はありません。

だからドル円の日足チャートが整った時点でおじさんはみんなに勝負することを伝えるけれど、その場面での買いは円安関連。三菱自動車もまた動き始めるだろうね。今週気になった銘柄は7844マーベラス、9613NTTデータ、3689イグニス、6125岡本工作機械あたりだね。明日の寄り付き直後が指数の日足5分足が下げた場面になりますね。明日は日柄的には悪くなさそうです。

コメントの投稿

非公開コメント