08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

次の銘柄が見えてきたよ。

2017年 05月17日 05:50 (水)

おはようございます、おじさんです。今夜はね昨日届いた米大手からのメールに建設株の投資への検討。ちょっと日本語訳が適切ではないかもしれないけれど、まぁ建設株特集で、オリンピックの前年までは建設業界の利益は続くというレポートでポートフォーリオに建設株を加えるように推奨しているのよ。

確かに・・・業界を代表する1801大成や1802大林、さらには1824前田、道路の1881NIPPOあたりも高値を更新してきているんだ。では1801大成建設の926円という価格はどうなのよ?
長い長い日本株の低迷で100円台だった大成建設の長期低迷相場を知るものとして考えてみたんだ。

おじさんね、今回の相場は89年のバブル高値を越えていくと思っているのよ。それを長い間おじさんを信頼して慕ってくれている管理人に話したものだから、彼は日本での仕事を投げ打って、家族を残して海外に出てきてしまったのよ。ま、かなり海外生活を楽しんでいるみたいだけれどね。

そのおじさんのバブル高値を想定する最大の根拠になっているのが【すでにバブル高値を大きく抜けた銘柄の存在であり】食品、医薬品、今年に入っての化学。ここの先行銘柄はすでにバブル高値の倍近くまで上げた銘柄が出ており、その高値をつけきったかに見えていた食品の一部に再度高値を更新する銘柄も出始めているの。
日本ハムとか、2292のSFOODとか。

80年バブル高値をつける相場をおじさんは84年ぐらいから参加者として戦ってきたよ。当時と今の相場との最大の違いは80年代、バブル相場に行き着く過程においては一段上げで優良株が買われ、二段上げでは金融株が買われ、仕上げの三段上げではボロ株まで急騰したんだけれど、今回はまだ先行銘柄が休み、次のターゲットが上げていくという流れになっておらず、強い銘柄の中から次のバブル高値抜けを目指す展開になるものと思うのよ。

そういう視点で建設株を見ると・・・・・・大成や大林などもまだ上げの途中と判断することになりそうだよ。大成のバブル高値は1980円、大林が1960円、前田が2280円、NIPPOが3850円と実はまだまだバブル高値超えには伸びしろがあるんだ。
しかし、100円台から900円にまであげてきている大成を買うよりも、もっと伸びしろがある銘柄はないかと今夜は早い時間からチャートとにらめっこしていたんだ。

すると建設業界そのものの業績はよいけれど、業績を落としている銘柄もそこそこ多く、それらは一向に高値おいにはなっていない。おそらくは建設業界の人手不足で総合力のある大手ゼネコンが強いのだろうね。
そこでバブル高値まで距離があり、決算も悪くなかった銘柄の中からおじさんも建設株を組み入れてみようと思うんだ。

おじさんの候補は1893五洋建設。まだ600円前半にある直近高値さえとってはいないけれど、ためし買いから入って634抜けから強気をしてみたい。バブル高値は3540円。
穴株になるけれど1888の若築建設もバブル高値は3800円。確か最後のボロ株まで上げた相場で急騰した銘柄だった。直近の業績も悪くないので穴株。
1865の青木あすなろ。これは業績がよいね。バブル高値2350円。最後にもうひとつ、1808長谷工。ちょうど本日年初来高値を更新してきたばかりだね。業績も売り上げ、利益ともに好調。
この銘柄、昔は人気株だったんだよ。機関投資家好みのね。バブル高値はなんと44500円。そこに行き着けばいったい何倍になるのだろうねーー

日本株は為替が円安に動かない限りは2万円の大台には届かない。ドル円日足は長い線が上げ2.5合目。短期日足は上げ8合目まで着ており、114円前半の節目に差し掛かって反落。
当面、本日チャットルームで話したように5分足が下げきった弱いところを買って戻れば利食う。こういうスイングトレードが為替が大きく動くまでは有効。
 
今夜は建設株の話を伝えました。

コメントの投稿

非公開コメント