08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

昨日は歴史的な・・・・個別銘柄追撃

2017年 05月09日 08:21 (火)

おはようございます、おじさんです。昨日の相場についてなんだけれど3月2日の直近高値を超えただけでなく見事に出来高を伴って陽線で引けました。つまり指数そのものが切り返したという事ですね。
同時に19200円~19600円付近の一番厚い累積出来高の壁も一気に突破しました。これは強い買い物が入ったと推測するのが一つ。もうひとつは機関投資家や金法など大きな資金を運用する投資家が、直前の北朝鮮リスクに対して保有株に応じた先物売などのヘッジを組んでおり、それが連休明けで一気に買い戻した。
需給的にはこのいずれかになるため、仲間たちからのメールを確認してみるとその両方の需給が発生したのに加え、GW期間の谷間に発表されたハイテクなど指数系値嵩株の決算が非常に良く、それらに買いが入ったためだというメールもあったよ。

いずれにせよあの重かった昨年の12月から今年の急落直前の3月半ばまでもみ合った水準を一気に突き破った事は大きな変化であり、昨夜の検証では非常に多くの銘柄の日足の長い線。これが底まで下げずに上向きに変化し、日足両線が上向きに変化していました。おじさんもヘッジファンドとしては大きなファンドではないとしても100億を超えるお金をたった二人で運用しており(バックヤードはけっこう人がいます)昨日までは万が一に備えての掛け捨て保険であるプットオプション以外にも少しだけれど先物の売りを残していて買いを20%~30数%まで増やした分はヘッジしていたんだ。その先物は昨日買い戻して残りは大震災やテロなど万が一に備えたプットのみのこしています。

さてまだわからないけれど、指数もドル円も日足の短期日足でさえ上げ途中の若い相場であり、今年の相場が一気に強くなっていく可能性も出てきました。そこでここから買っていける個別銘柄を追加していくことにします。
考え方は2種類あって、ひとつは同じセクター、同じ業種、同じテーマの中の先行銘柄が高値を更新して行くのを確認したうえでそれらの2番手を拾うやり方。もうひとつは株式投資の極意のひとつである(株は新高値を買って新安値を売るべし)の重要な高値を更新してきた銘柄をさらに強気していくやり方でありますね。
今年春先にバブル高値を超えてきた銘柄群として化学株を挙げましたが、その後の急落で下げていましたがここに来て一気に高値更新銘柄が増加。ここの二番手を拾ってていくのもひとつの戦略に。

まず重要な高値更新銘柄。3106クラボウ、3107ダイワボウ(これは急騰後なのでしばらくもみあってカラ売りが入れば)4188三菱ケミカル、4228二回目の推奨だけれど積水化成、これも2回目大日本塗料、このインキ、塗料は業種全体が好業績で先行銘柄に更なる高値更新が見られることから、4615、4621、4623、4624なども板に入れておき動きあれば短期、スイング候補としても有効。4634東洋インキ、押し目あれば6702富士通なども。
また出遅れ銘柄として9501の東電を拾っておきたい。すでにほかの電力株が底から立ち上がってきており、ここは安値広い有効と見ます。

本日はここまでだけれど、数日以内に出遅れ2番手銘柄をレポートしていきます。

コメントの投稿

非公開コメント