09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

現時点で予測できる指数の今後

2017年 04月14日 08:09 (金)

こんばんは、おじさんです。今回もまた個別銘柄の大きく下げをほぼ損なくやり過ごせそうな事は正直ほっとしています。例年4月相場は強いのが通例であるのに4月の二日に決断をして三日の寄り付きでポジションを落としてヘッジを入れれたことは幸いでした。
周だけでなくレポートを書いている台湾の証券会社や白人仲間からもどうして崩れる前に分かるのか?と聞かれますが長い投資経験で得た『自分なりのテクニカル』のおかげだとおじさんは思っています。
みなさんも一緒に勉強を続けましょう。おじさん若い時に母親に言われたことを今でもずっと大事にしているんだ。それは人は死ぬまでずっと勉強。という言葉です。

さて顧客の一部が大きな含み損を抱えてしまったようでおじさん、彼らに説明するために見えない相場を分析してみました。
まず重要な価格として17800円~18000円というのがあります。これは指数の下値連結線であり経験上強い下値の抵抗ラインになります。そこを割った場合の最終防衛ラインは16000円だと思います。

次に日柄ですが年初から下げた相場でも4月に底を打つことは見たことがなく早くても5月前半、遅い場合は6月までかかる可能性がありそうだね。
という事は戦略としておじさんはこう考える。

目先指数が下値連結線付近まで下落すれば一度は反発するものの日柄不足からもう一度下げて下値を固めるかどうか?それを確認してから買いの再開。
こんな感じになるね。ただしこの予測には北朝鮮リスクは考慮しておらず、たとえどこかで急反発があってもまだ安心はできないとも思います。

見えない未来を予測するのは困難を極めるもの、指数の観測はそうなります。それに白人仲間からの需給情報と個別銘柄の先行する動きを見て判断しますね。
本日は現時点で予測できる指数の今後を書いてみました。以上ですね。

コメントの投稿

非公開コメント