FC2ブログ

07月 « 2019年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

本当の相場概況 昼版

2019年 08月27日 11:40 (火)

まだ指数そのものも下向きの中を、多くの下向き銘柄の中から少しずつ上向きになる銘柄を日々確認する程度。まだ8月だしね。今年は2012年以降で一番難しい相場だね。
為替と商品まで売買しているからね。頑張りましょう。

掛け捨て保険が役に立ったね。

2019年 08月26日 06:57 (月)

おはようございます。管理人です。先週の木曜日の更新で、下から立ち上がって日足両線が上向きになり、数ヶ月間の高値を越えてきた野村や、3092ZOZOのように直近高値を抜けてきた銘柄も徐々に増えているものの、主力株の多くの日足チャート、短期日足線はまだ整っておらず、安値更新銘柄も多い。また重要なテクニカルである日足チャートの短期日足線がまだ下向きですから、ジャクソンホールのパウエル議長発言は、リスクがある。おじさんはロングショートではあるが、切り返して買い戻してしまった銘柄もあり、ここはプットオプションを買って、掛け捨て保険にしますと更新があり、チャットルームでもアシスタントの周さんが、今プットオプションを買いました。と書き込みがあり、私も同様にしました。

香港の米大手の担当者はサマーバカンスが開けて帰ってきましたが、日本株については先週2-3日買いは入ったものの、イベント前で継続はしておらず、四半期決算後のリバランスの売りも業績が冴えない銘柄には出ています。と言う事でした。
おじさんに代わります。

おはようございます、おじさんです。ジャクソンホールでのパウエル議長は利下げを示威していたものの、またトランプ対中関税発言や、米企業に中国からの撤退を呼びかけるなどの発言で急落して返ってきましたね。
ドル円も一時104円台と直近安値を一時割り込んでいます。

さてここからなのですが、よほど大きな売りし掛けが入らない限り、日本株の2万円接近場面は下げにくいと思います。確かに日本株の日足チャートの短期日足線は下向きですが、下げ8.5合目まで下げていますし、長い線は中段の位置で少し上向き。また前回の突っ込みの際に日銀が4営業日連続でETF買いに入ったのと同様に、今回も日銀の買い支えが入ると思われるからです。

ですから明日の方針は保険に買ったプットオプションの4割を寄り付きで利食い、そして買い始めた銘柄が切り返して引けるならば、2回目の買いを入れようと思います。
現在の買っている銘柄は野村、6330東洋エンジ、8803平和不動産、2371カカクコムのお試し。2664抜けから強気。6701NEC、1712ダイセキなど、売りは化粧品やエプソン、8252丸井などですが、明日は個別をドタバタするつもりはありません。

簡単ですが、個別銘柄の変化を日々検証し、ロングショートは厚くしていく方針です。

本当の相場概況 昼版

2019年 08月23日 11:36 (金)

日米共に指数も多くの銘柄も下向き25日移動平均線の下に株価があり、その中を少しずつ強い銘柄も出てきたな。例えば野村とか。まだまだその程度で、安値更新銘柄も多いまま。
本日夜のジャクソンホールのパウエル発言次第ではまだ不透明。買い始めたけれど、保険つき。

本当の相場概況 昼版

2019年 08月21日 11:37 (水)

本日はイベント前で日米共に調整だけれど、二日ほど前から個別の動きが変化してきました。イベント通過後の需給については大いに気になります。

個人の信用買いが主体だけれど、動きに変化あり。

2019年 08月20日 06:34 (火)

おはようございます、おじさんです。今夜の米も強いですね。やはり下げる時に自然に下げさせるからこそ買いも入るのだとおじさんは考えます。
本日、久しぶりに白人のファンド仲間が集まるBARに行ってきました。いや、情報収集という目的ではなく、たまに飲みたくなってね。おじさん、最近気がついたんだけれど、深く眠るために酒を飲む。こういう飲み方も良いと思うんだ。案の定、帰宅してから3時ぐらいまで深く眠れました。

さて以前なら、日本株の国内の需給について聞かれたりする事も多かったんだけれど、残念ながらみんな日本株には素通りなのよ。理由を聞いてみると一番パフォーマンスの悪いマーケットで、まして増税を予定しているんだから買わない。他のマーケットに魅力があるという返事でした。

本日もセルサイドの米大手に聞いても、米市場が上げれば買ってくるグローバルな資金は存在するものの、日本株を本腰を入れて買っているところはありません。との事でした。

しかし今夜の米市場の上昇で、ダウの短期日足線は下向きから横ばい、あるいは少し上向きに転換した可能性があり、日本株は個人の信用の買いが買いの主体であるものの、今後の米次第では弱いながらも転換銘柄が増加してくる可能性があります。

チャットルームで書いてあるとおり、既に先物売りはイーブンになっていますし、本日は売っていた5411JFEが切りかえしたため、買い戻しています。

また本日の検証で気になる銘柄が出てきており、ロングショートのロングを増加させていきます。これまでの買い銘柄のうち3561力の源は先の決算が減益で買値を割ったので減らしましたが、もう少し観察します。現在短期日足線は下げ4合目。7702JMSも同様に先の決算が増益だったものの、進捗率が悪くて2013年の高値922円に届かず反落していますが、ここは持続方針です。現在、短期日足線は下げ8合目。

今高値更新銘柄は圧倒的にリートが多いのですが、不動産株の一角に高値更新の動きがありました。8803の平和不動産です。ここはリートも組成しているのでそういう視点からの買いかもしれません。
ここか?短期日足線が上向きに転じ、上向き25日線を上回ってきた8804東京建物、ここは決算も良いです。8892エスコン、8934サンフロあたりまで。タイミングを見ながら入れていきます。

他、強めに入れておこうと考えるのは8604野村です。天下の野村もここまで散々に売られてきましたが、先の決算は5.5倍の増益となり、6月安値から日足二つの底をつけて、直近高値を抜けてきました。
まだ25日移動平均線は横ばいですが、日足チャートでは両線上向き。上げ6合目付近となっており、今後の日本株次第では妙味ありと判断しました。

他、決算後の動きから2371カカクコム。試し買いから入り、昨年7月高値を抜けてくれば強めに入れます。
本日、セルサイドからは米系の買いは指摘されませんでしたが、切りかえし銘柄も多く、サマーバカンス明けの一部ガイジンの買いが入っていたとしても不思議はありません。

もちろん日本株の日足チャート、短期日足線はまだ下向きですし、米株のように上げないのは判っていますが、切りかえし銘柄が全市場で600以上あり、時期的にも変化を少し感じました。以上です。

そろそろ短期筋

2019年 08月19日 06:18 (月)

おはようございます。管理人です。私はお盆の前から帰国しておりまして、殆ど売買をしていません。家族を日本に残してきているため、お盆とは言えやる事も多くて・・・・・・
でも毎日、寄るにはマーケットと個別銘柄の動きはチェックしてはいましたが、儲かる相場では無かったようですね。私のサマーバカンス明けなのでやれる相場になってほしいものです。

香港の米大手の担当者も2週間の休暇に入っており、米大手の需給については聞けませんでした。おじさんに代わります。

おはようございます、おじさんです。まずは日銀の行動について書いておきます。米国利下げ後のトランプ氏の対中追加関税発動によって世界的に急落したマーケットですが、日銀は直近安値をつけた8月2日を含めて4日間連続で一日あたりの上限金額を買い、お盆期間でありながら、買いを入れていました。

国内の親しい仲間が言うには、この日銀の連続買いが無ければ、2万円を割り込んでいた。との事です。米株800ドル安を受けても20110円の直近安値を割り込まなかったのはこういう理由でした。
結局、日銀のこういう行動によって、米系を始めとする世界の大きな資金が日本株に魅力を感じなくなってしまったとおじさんは考えています。なんせこんな事をしているのは日本だけですから。

さてテクニカルですが、米国の日足チャートの短期日足線がかなり下げて来ました。米株は下げる時には、日本のようにネチネチとした介入を行わないため男性的に下げるのが特徴で、今回の日足チャートの短期日足線の下向き調整も一気に進み、現在ダウが下げ9合目手前、SP500が下げ8.5合目、ナスダックが少し遅れて下げ8合目となっており、かなり調整が進んできました。
米株の場合は、日足チャートの長い線は上げ7合目付近で下向きになっておらず、遠くなく反発しても不思議のない形です。少なくとも米先物を売っていた場合は、半分は利食いを入れるべきタイミングです。

対して日本株はといいますと、日足チャートの短期日足線下げ8合目手前、ドル建て日経平均が下げ8.5合目、一番弱いトピックスが下げ8.5合目でいずれも長い線は中段で横ばいとなっています。
また225はクリスマス安値18948円に対して1500円幅も上ですが、トピックスは1412ポイントに対して週末の終値が1485ポイントであり、多くの銘柄がクリスマス安値から戻れていない事を示しています。

さて今後の相場展開についてですが、米系資金の日本株への買いは聞こえてきません。まだドル円の短期日足線が上向きになっておらず、日銀が支えてもリートや内需系銘柄が相場を支えているだけの状態で、この先米株が反発し、米株の短期日足線が上向きになったとしても、日本株はそれよりも遅れて上向きになるものと想定され、また上値も重いと想定されます。

ただ、例えば米短期筋と呼ばれる二部、新興低位を急騰させる資金が入るのは、いつも決まって日本株の短期日足線が上向きの場面のみでありますから、今週の終わりか?来週当たりからは動いてくる可能性もあります。
8月23-24日に米FRBによる大規模なシンポジウムが開催されます。一般的にはジャクソンホールと言われますが、ここでの発言次第で、米株の短期日足線に変化が出るかもしれません。

後は21日発表の7月の訪日客数の発表で、韓国からの旅行者減少でどれだけ影響されるのか?関係者は注目しています。

結論から言いますと、まだもう一段の下げに足しての警戒はあるものの、日本株は下値に対する日銀の強い買い姿勢が示され、米株の短期日足線の調整がかなり進展し、徐々に下げにくい相場になっていきそうだと言う事です。
おじさんは、まず米株の短期日足線に変化あれば、需給を調べ、上向きにベッドするつもりです。以上です。

本当の相場概況 昼版

2019年 08月16日 11:33 (金)

引き続き年初来安値更新銘柄の多い相場ではあるものの、日本株には月半ばに買ってくる資金があり、昨日は20110円を守り、今日も薄商いの中、ドル円に歩調を合わせて小さく反発中。
8月後半に一度止まれるかどうかのチャレンジ場面がありそうに思います。

本当の相場概況 昼版

2019年 08月14日 11:35 (水)

もう世界中のマーケットがトランプ氏に振り回されているみたいだね。それでも米国ほど反発できないのが今の日本株。個別のチャートは悪いほうが圧倒的に多く、ロングショートを少しやり始めたものの、ロング銘柄探しに苦労します。
サマーバカンス明けに短期筋が二部、新興に入らないかな?その程度の期待だけ。

お盆だね。台風は株式市場にも

2019年 08月13日 07:11 (火)

おはようございます。管理人です。残り25%となってしまったドル円の円の上昇に期待しつつ、ロングショート構築の銘柄が出てきたので先週は決算で急騰した資生堂など化粧品株に売りを少し入れ、1712のダイセキなどを買いました。
先物については、日々大引けでは売りを入れておくというチャットルームでの書き込みから、少量ですが売っています。
前回にも書きましたが、私は投資歴の長い我慢が出来る投資家です。バブル崩壊からITバブル、そして持ち合い解消売りに、生損保民営化の売り、リーマンショック、東日本大震災など数々の下げ相場を乗り切って生き残り、未だに株式投資を続けています。

みなさんはご存知かどうかは知りませんが、昔の日本の株式市場はもっともっと日本人が元気で、それなりに夢のある株式市場だったのです。20002年から金融庁の立ち入り検査が日本中のファンドに入り、仕手筋と呼ばれていた人や村上さんのような人が株価操縦で逮捕され、後はガイジンたちの思い通りの株式市場にされてしまいました。

私とておじさんほどではありませんが、一週間に一度は全ての銘柄のチャートを見ます。現在、多くの銘柄が小動きの弱含みで、とても数年に一度の買い場面で、整っているとは思えません。
ですから、私はロングショートは次の買い場のために始めましたが、少なくとも買いで大きく勝負するのは先であり、そこまでは我慢を続けながら、やっていく所存です。

香港の米大手に聞いて見ますと、引き続き日本株に対する継続的な注文や、質問も少なく、まず大口プレイヤーがサマーバカンスであるし、金をやっているところもあれば、為替をやっているところもあり、みんなが動くマーケットに集まっています。
との事でした。おじさんに代わります。

おはようございます、おじさんです。おじさんは帰国しています。墓参りぐらいはしておかないとね・・・・・

さて昨夜の米市場は大幅安、ドル円も介入が入ると言われている105円われまでもう少しのところまで来ています。下げについては下向きで勝負はしていないものの、先物の売りはありますし、これまでのロング銘柄試しから、ロングショートして個別株への売りも入れており、どちらかと言えば歓迎です。
一番信頼の置けるテクニカルである日足チャートの二本線(10年の歳月をかけて複数のテクニカルを一本の線にしたもの)の短期日足線が日米、他欧州、新興国も下向きなのですから、下げについて驚きはありません。

今週の検証で一つ気になったのは、日本の株価指数についてですが、週足の長短両線が下向きになったことです。そうですね、昨年の10月第三週あたりと同じ形、同じ位置です。昨年はこの形から約2ヵ月後のクリスマス前後の安値でしたから、今後の指数の推移次第では今から2ヵ月後に重要な安値をつける可能性があります。
ただ週足は先週陰線ながら比較的長い下ひげを伸ばしており、もうしばらく観察する必要があります。

おじさんのポジションですが、既にみなさんにはお話しているとおり、安定した運用をしていくのに日本株だけでは、少なくとも今年は難しく、ドル円や、時には中国株先物もやっています。
おじさんは帰国前にシルバー、銀の先物を買いました。みなさんは金の価格が日本市場で最高値を取ったのを知っておられますか?そこでおじさんは他の貴金属のチャートを追っていたところ、銀が上値抵抗線を抜けて、両線上向きに転じました。週足観測です。株式市場で言うところのお友達銘柄狙いと言う事です。

今週は先週の週足下ひげを守れるのかどうかが注目点ですが、引き続き日米の短期日足線は下向きであり、当面は下向き優勢のロングショートがよいと思います。
アシスタントから、そろそろ11月末の決算に向けて日ばかり、短期ばかりでなくポジションを取って行きたいと要請があり、おじさんも四半期決算の評価レポートを読み、銘柄選定をしておりますが、多くの銘柄に動きがなく、弱含みの上下だけになっています。

そりゃ検証すれば下向き銘柄が多いです。今の指数は一部指数系値嵩株にある意味守られていますが、一番弱いトピックスのチャートを見れば一目瞭然で昨年高値ははるか彼方です。
ですから、今後の銘柄選定は新高値、師安値更新銘柄からのみ選定するものとします。少なくともトレンドが発生しているからこそ新高値、新安値に進むのですからね。

買い候補から6701NEC、5Gでしょうが月足観測では12年ぶりの高値を取ってきており、噴き上げ場面があると思います。3778さくらインターネット、売りは8252丸井、6724エプソン、6471日本精工、4527ロート、4043トクヤマなどです。
ショートについては先物やETFでもよいと考えます。以上です。

本当の相場概況 昼版

2019年 08月09日 11:40 (金)

しかし・・・・・米国の急落からの反発の強さと落ちたまま小幅の反発しか出来ないわが日本株とは本当に違うね。おじさんが昔、相場の世界に入った頃、まだ多くの日本人が株式投資をしていてね、そりゃ活気があったものだよ。
仕手筋なんて人たちもいてね、あぁ懐かしい。

米国人は何らかの形で株式市場に関わっているから、株式市場の下落は大問題なよ。日本人はと言うと・・・・・みんな損して止めちゃった。これが真相で、今でも地方の旧家に行くと、おじさいさんが死ぬ前に株だけは手を出すなと遺言を残している家も多かった。みんな証券会社の金融商品で損させられたからね。

香港やシンガポール、そして中国人も投資が大好きだよ。今の相場は米系が腰を据えて日本株を買っている相場ではなく、時折入る買いは殆どが先物なんだ。また活気ある相場が来て欲しいけれど、何かが大きく変化する必要がありそうだ。

本当の相場概況 昼版

2019年 08月08日 11:45 (木)

昔ね、とある結構有名なアナリストから個人的な文章だと前置きがあってメールを受け取ったんだ。もう今から4年も前の事だよ。2020年代、日本と米国と豪州が、中国、ロシア、韓国と局地的な戦争になると思うと書いてあったんだ。
驚いたのは韓国が中国、ロシアの陣営に入っていたことで、不思議に思っていた。

最近の動きを見ていると、この昔貰ったメールが気になってきたよ。もちろん白人だよ。

韓国は一刻も早く北朝鮮と併合したいのが本音だろうね。2500万人もの低賃金労働者にレアメタルを含む豊富な地下資源の宝庫。邪魔になるのが在韓米軍か。

白人達は為替と株式市場の操作で植民地を作らなくとも新興国の益を巻き上げる手段を構築したからね、もう大規模な戦争などないとおじさんは思っているのだけれど、世界は一家、人類は皆兄弟。

そんな綺麗ごとはトランブには通用しそうにないね。ははは。

本当の相場概況 昼版

2019年 08月07日 11:44 (水)

米株の反発を受けても戻れないね。ドル円にも仕掛けが入っており、政府が防衛ラインと考えている105円割れでの介入の有無を見たいのだろう。
各国が利下げに動く中、一人金融緩和を続けて実質マイナス金利の日銀は口先介入するものの、打つ手は限られている。
やっぱおじさんは、日本の政策を日本人が決めているとは思えないのよ。

だって世界の中で一人他国と違う政策をとるなんて、日本人の行動としては不思議だよ。
子供の時に習ったね、一人だけ目立ってはいけません。団体行動、思いやりって。
和をもってと尊としとするのが日本じゃない?日本も日本人も変わったように思えてならない。

おじさんは売られすぎゾーン突入してから動きます。

本当の相場概況 昼版

2019年 08月06日 11:38 (火)

あのままCTAが踏みあげていなければ・・・・・この下げは取れたのに・・・・・と残念ではあるが、ドル円も持続している分があり、マイナスにはなっていません。それよりも相場が動いてくれて何よりだと思っています。
あのままダラダラされていたら勝負できないもの。トランプは今回の下げをパウエルの責任だと言えるだろうし、韓国に対するホワイト国からの削除にあわせてウォンに仕掛けが入ったのも意味があるのだろう。

楽しみです。

今月後半から来月前半

2019年 08月05日 06:05 (月)

おはようございます。管理人です。先週木曜日夜の0.25ベーシスの米利下げ発表で米株が売られたものの、そこから順調に反発していた場面でトランプ氏のツイッター爆弾が飛び出し、協議再開と期待の高まっていた米中貿易協議への成果を否定する追加関税を発表し、急落し、米国の半分しか上げずに、倍下がる日本株は大引けに少し反発したものの453円安と暴落し、また今月一日に直近高値を抜けて109円台に入っていたドル円相場が一気に106円台まで下落するなど大波乱の様相です。

私は225指数の21823円抜け引けがなかったので1579ETFは買っていませんでしたが、保有を続けている112円台からのドル円、円買いポジションは半分利食ったたあと、直近高値抜けがあったため半分利食って、結局現在の保有玉は最初の建て玉の20%ほどになってしまいました。またそろそろ短期日足線の反転がありそうだった中国300指数への買いは、買値を割ってロスカットとなり、全く利益はありません。

ただ私は長い間投資を続けてきた人間ですから、我慢が出来ます。思い起こせば2009年~2012年の夏までは本当に動かない相場で、長い間我慢を続けてきた経験もあります。CTAの売りしかけもありましたし、トランプツイッターで相場は乱高下し、まして四半期消さん発表時期と言う事もあり、今の心境は下げるならしっかり下げて、勝負出来る相場になってほしいと思うだけです。

香港の米大手に聞いて見ますと、CTAの仕掛けから、それの買戻しを狙って先物を買い仕掛けた短期筋は21700円台で利食って後は知らん顔ですし、何度か入った日本のバリュー株を拾う動きも減ってきました。
既に白人系ファンドの多くがサマーバカンスを取り始めており、今後は参加者が減っていく時期です。業界関係者の視点は、サマーバカンス明けの米系資金が買いから入るのか?売りから入るのか?と言う点についてです。
今回のFOMCの利下げをターゲットに買い進んでいたところは、これをキッカケにポジションを落としてサマーバカンスに入っています。その動きが出ればお知らせします。と言う事でした。おじさんに代わります。

おはようございます、おじさんです。今回のドル円の動きには参ったね。おじさんも管理人と同じで、あの大きく利の乗ったポジションが4分の1になってしまいました。
さて今週の変化ですが、ついに米国市場の各指数の短期日足線が下向きに転じました。もちろんまだ長い線は上向きではありますが、この少し下向きになった短期日足線が下げ一杯になるまでは、両線チグハグの中で弱含みのもみ合いの可能性が高いと判断されます。

また一時は短期日足線が上向きかけていた中国各指数、ドル円などの短期日足線も再び下向きに転じ、目先調整入りの可能性が高くなっています。ただおじさんはこの展開が困るのかと言うと決してそんな事はありません。
現在、先物への買いはありませんし、減ったとは言え利の乗ったドル円のポジションも残しており、ここから指数と個別がしっかり下げて、指数の日足両線が下げ切ってさえくれれば、そこは現物投資も可能になるほどチャートは整います。

昨年末クリスマス前後に指数の日足両線が完全に下げ一杯になった後、6月に短期日足線が上向きになりましたが、永い線がまだ下向きであったため、波動的には次の短期日足線の下げ一杯が、両線下げ一杯になるからです。
当面の戦略ですが、米市場の短期日足線が明確に下向きになったため、当面は弱含みの推移を想定して、短期スイングならば指数の戻りを待って下向き狙い。

それとアシスタントから、そろそろロングショートでよいからポジションを作りたいとリクエストがあり、第一弾の銘柄選定をしました。第一弾と言う意味は、まだ四半期決算が出揃っておらず、このロングショートはあくまで四半期決算後のトレンドを狙うものだからです。
現在の買いとしているのは4996クミアイ化学、3932アカツキ、7702JMS、3561力の源HDなどですが、四半期決算発表が終わっていない銘柄や、好業績なのに売られる銘柄もあり、たくさん買っていません。

本日、おじさんがロングショートのショート銘柄として入れようと思うのは、まずは化粧品株です。確かに好業績ではありますが、韓国からの旅行者減は間違いなく、また円高傾向にあり、PER30倍以上の今の株価を維持するのは困難とおじさんは見ます。
既に2012年の底入れから株価10倍を達成していますし、4928ノエビア、4927ポーラ、4921ファンケル、決算前ですが4911資生堂、他、5411JFEこれは信用のやられ玉がぶら下がっています。6101ツガミ。このあたりを第一弾のショート銘柄としますが、週明けの寄り付きの安いところを叩いて売る必要はありません。

指数の日足線のシュミレーションでは強く下げれば今月後半、もみ合いながら下げれば来月後半にも指数の日足チャートの両線は下げきります。またおそらく政府は消費税引き上げ前に景気対策政策を打ち出すでしょうし、10月の日銀は何らかの金融緩和を出すと国内の信頼の置けるところから聞いています。
建設株が高値から下げ続けて間もなく2年になります。景気対策があれば動きも考えられる日柄であるとおじさんは考えます。もちろんまだ変化なく安値更新銘柄が日々出てています。しかし今回指数の短期日足線が下げきった当たりからは変化に注意したいと思います。以上です。

本当の相場概況 昼版

2019年 08月02日 11:36 (金)

おじさんは、先物中心だけれど日本株以外に投資対象を広げています。失われた30年、日本以外の国は豊かになり、株価も5倍、10倍、世界で唯一金融緩和を続けて日本国債と株のETFを買い続けているにも関わらず、上げる時は米株の半分、米株下げれば倍以上の下落率。
米軍基地、負担を5倍に要求らしいね。出て行ってもらったらどうでしょうか?

自分の国は自分で守るが基本。国内産業も潤うのではないだろうか。

本当の相場概況 昼版

2019年 08月01日 11:56 (木)

昨夜の米市場は利下げ幅が0.25ベーシスであったために失望売り、先行買いの手仕舞いが出たものの、継続利下げに肯定的でなかったためにドルが急騰。
今年の相場で一人蚊帳の外だった日本株ではあるが、円安でどうなるか?しばし観察