FC2ブログ

05月 « 2019年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

当て物ではなく、勝つ、負けるとシンプルに考えれば勝ちやすい相場

2019年 06月17日 07:30 (月)

おはようございます。管理人です。私は先々週の変化で扱いなれている1579ETを寄り付きと引けで2回買い入れまして、先週の累積出来高の壁と直近高値が上に控える225の21200円台で半分利食い、木曜日の安値で利食った分を買いなおしました。
これはおじさんの方針に従っての売買です。先週末の米市場が下げて、シカゴの日経先物も少し安く返ってきていますが、半分の1579を利食いして、下で買いなおしたことにより平均単価は下がっており、600円幅以上の含み益があり、今週もこれをベースに、毎日寄り付きにチャットルームで出される(急騰後の5分足下げいっぱい)銘柄への短期売買を継続します。

香港の米大手に聞いて見ますと、米国の金融政策が年内は維持から、2回の利下げ予測に変わっており、米国株の反発から世界的な反発局面になっています。当然日本株にもグローバルマクロの買いと先物には買い物も入っています。
日本の選挙に絡む思惑についてはあなたから聞きましたが、今のところは日本株だを強く買う動きは見えず、あくまで米国連動の買いが世界的に入っただけです。との事でした。おじさんに代わります。

おはようございます、おじさんです。おじさんの売買については、もう何十年もの付き合いだから、管理人が心得ていて、説明しておきたいと思います。
おじさんがそれまでの海外OTC先物売を手仕舞ってどてん買いに転じたのは今月の5日です。寄り付きの窓を開けた上昇の寄付きを買って、大引けで切り替えしたのを確認して2回目の買いを入れました。平均コストは20750円前後。
それを21200円台前半で半分利食いして、木曜日、13日の10時過ぎの下げで買いなおし、21000円前後の買い。10時過ぎが5分足の安値になると見たためです。
この売買によって、現在、おじさんは200円幅(実際には2倍のレバレッジをかけているため400円幅)の利益を確定下上で、20750円の買いと21000円の買いを保持しています。

ではこれからの売買について、説明します。実はとても判りやすいのです。これはみなさんが今後個別銘柄をやる時にも使えますから、説明を聞いてください。
指数には現在、二つの注目すべき価格があります。それは非常に重い壁がある21200円台でつけた直近高値の21259円。
もう一つがその21200円台から下げてつけた20932円です。

本日ですが、指数の両線は上げ7.5合目からの開始で上値は重いと推測されますが、後で説明しますが指数の日足チャートの短期日足線は明確に上向きになっており、大きく売られる形では既にありません。
おじさんは現在、まだ今回勝負する先物の予定数の4分の1程度しか買っておらず、もっと買いたいと思っています。
ではどう買うか?

一つは指数が直近高値を越えることです。つまり21259円抜け。もう一つ、本日の相場が調整含みで再び5分足両線が下げるものの、20932円を割れずに5分足が下げ切ること。ここも買いで対応します。
いずれの場合もロスカットは20932円割れに設定します。このように指数の直近高値、安値を把握し、戦略をしっかり立てることが非常に重要なのです。これは個別銘柄でも同じです。

さて先週末のテクニカルですが、変化したのは米ダウとドル建て日経平均の日足チャートです。下げている日足チャートの長い線が下げ5合目で両方とも横ばいに変化し、ダウは少し上向きました。先週末は下げたものの、米ダウは日足チャート両線上向き。また225指数、トピックス、ナスダック、中国各指数、他新興国、欧州も日足チャートの短期日足線は上向きです。

次に需給についてですが、確かに現在、日本株先物に入っているのは米株高を受けての追随資金だと思われますが、まだ衆参同時選挙についてのドンデン返しがあるかもしれません。
おじさんは日足チャートの短期日足線が上向きの間は少なくとも上向き目線で考えます。もちろん日米共に日足チャートの長い線が下げ切っての反発ではなく、あくまで予測する9-10月の安値に向かう前の反発と言うのが相場観ではありますが、10年の歳月をかけて完成させた日足チャートの二本線をベースに組み立てます。

アシスタントの周には短期売買。つまりデイトレード、スイングトレードを日々タイミングを見てチャットルームで寄り付き前に書き込むように指示しています。まだ現物投資の時期ではなく、東証一部の大型株をやるならば、先物勝負と言うのが基本方針ですが、急騰銘柄のその後の5分足下げ一杯をそっと拾う方法は、年間を通じてかなりの利益になりますから、日々全ての銘柄の5分足観測をしているアシスタントにそう指示しています。

彼からの報告では、本日はあまり良いタイミングの銘柄が少ないものの、ブレーキ踏み間違い関連と言いますか?高齢者ドライバー関連と言いますか?呼び名は知りませんが、関連銘柄が先週人気づいていて、2666が中心。ここが再度あげれば7297、他3390、5940、3190などを書いてきています。ご参考に。