FC2ブログ

05月 « 2019年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

メリハリ、効率を意識

2019年 06月10日 06:04 (月)

おはようございます。管理人です。私は先週の変化でおじさんから方針が出されましたので、売りたてていた1579ETFを買い戻し、5日の寄り付きに一度目、大引けの切り返し確認で2度目の1579ETFを買いました。
アシスタントの周さんは海外225CFDのレバレッジ取引、おじさんは先物ですが、私は使い慣れている1579ETFへの売買としました。追加売りしているドル円はそのまま円高にベッドしたままにしています。個別銘柄については日ばかり、スイングはやりますが、現物投資やポジションとしての買いは入れていません。

香港の米大手に聞いて見ますと、先週の米市場の大幅反発で先物に強い買いが入ったのを受けて、日本株についても先物には買い物が入り、裁定取引に伴う値嵩株の反発が出ています。
ただ大きく買い上げるような買い方ではなく、ジリジリと買っていくような買い方なので、米国株よりはずっと反発力が鈍いです。まだはっきりとは判りませんが、今の所日本株に入っている先物買いは、日本の選挙に絡むものではなく、米国の利下げ期待とG20接近で売り方の買戻しのような気がします。
来週も戻り歩調でしょうが、何か材料が欲しいところです。との事でした。おじさんに代わります。

おはようございます、おじさんです。あの昨年9月半ばから10月前半に向けての日本株は、強い外人買いが入って世界一の上昇率を見せましたが、今回の反発力はまだ低く、管理人が香港大手に聞いたように、まだ衆参同時選挙、消費税増税の再々延期、日銀の追加金融緩和などに対するインサイダー的な買い物は入っていないとおじさんも見ます。
しかしジリジリと値を押さえながら先物に買いは続いており、6月後半か、7月前半までの反発相場と言うイメージは続いています。

テクニカルを確認してみますと、米市場は、ダウ、SP500、ナスダックなど全ての指数の日足チャートの短期日足線が上向きに転じ、欧州、中南米やアジアの新興国の短期日足線も上向きました。
日本株については225はまだ横ばいであるものの、ドル建て日経平均の短期日足線は上向きに変化しました。

さてここからの戦略ですが、シカゴの日経先物は21000円に乗せて帰ってきており、まず今回の先物どてん買いは含み益で戦える事になりそうです。ただ今回勝負する予定の数量の4分の1まて゜しかおじさんは買っておらず、2回目の買いを入れるタイミングを見計らいますが、指数は先週水曜日以降、5分足が高い位置に張り付いたまま上昇しており、2回目の買いを入れるタイミングは今週半ばの押し目を意識します。
今週は週末にメジャーSQがありますから、5分足の押し目形成はあると思います。

個別銘柄を観測してみますと、ハイテクなどの値嵩株の短期日足線は指数に先駆けて既に上向きに転じてきていますが、引き続き個別銘柄へのポジションとしての買いは入れません。5分足を見ながらの短期売買、スイング売買はこの限りではなく、効率を考えた投資ならば有効だと見ます。

おじさんのところには毎日夜中にアシスタントの周から、明日の5分足タイミング良好銘柄の状態と言うメールが送られてきますが、明日は久しぶりに急騰後の5分足下げ一杯銘柄が多数出現と書いてきていますので、銘柄を紹介しておきます。

6721ウィンテスト、2354YEデジタル、4385メルカリ、6890フェローテク、6838多摩川HD、3815サイトステップ、明日の寄付きが5分足の下げ一杯ではありませんが、板に入れて観測開始が3347トラスト、7771日本精密などを書いてきました。
何か需給的な変化あれば平日でも更新はいたします。以上です。