09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

励みになります!1日1回お願いします!⇒   にほんブログ村 株ブログへ

本当の相場概況 昼版

2017年 10月31日 11:42 (火)

いやぁ四半期決算発表後の乱高下はすごいね。いつからか株式市場には多くのイベントが株価に大きく影響を与えるようになって、それがあっという間にインターネットで駆け巡る。
しかしそこには必ず数字や中身を知った人が存在するのだね。もう白人達は植民地を持つ必要は無いのよ。株と為替で新興国の利益は取れるからね。取られ続ける日本もきっと美味しい植民地だね。

昔のゆっくりした相場がとても懐かしいけど、今を生きて、今の相場を戦っている以上は文句は言えないさね。

おじさんが買った株、売ったのはAIソフトかもしれない。そんな時代。多くの証券ディーラーが職を失い、今度は銀行マンが減らされる。工場は省力化。これからの世の中ではおじさんたちも不必要になるのかな・・・・・

相場と言う博打で40年間飯を食ってきた人間として思う事。

2017年 10月30日 06:40 (月)

こんばんは。管理人です。先週の週末には指数が14連騰なのに個別銘柄はさほど強くない。と書きましたが、今週は指数も個別銘柄も順調に上げてくれ、私自身の運用成績も順調です。
特に直近仕込を続けていた証券株に年初来高値更新が広がり今後の相場にも大きな期待が持てるようになってきました。
このあたりは、この集まりの中心であるおじさんの2019年35000円が大きな相場観ではあるが、同じ銘柄ばかり上げてもそれは達成できない。まだ今回の中長期上昇相場のスタートであった2012年秋からさほど上げていない銘柄群が動かなければならない。それは証券、銀行、造船、鉄鋼、非鉄などである。

ずっとその相場観と今後確実に起こっていく相場の変化、循環物色の先についておじさんの長い長い相場歴から予測をして頂いており、今回、その予測どおりの動きが随所に広がってきています。

香港の米大手に聞いて見ますと、9月の3連休明けから日本株の先物を買った米政府に極めて近い短期筋の純粋な利食いは20%程度にとどまり、先物を利食って同時に現物を買う動きも多く結論的には日本の選挙がゴールではなかったという事です。
また例年のこの時期であればヘッジファンドへの解約受付に伴う解約対策売りが出るのですが、今年は米本国、新興国共に株式市場は活況で解約対策売りは極めて少ない状況になっています。ここから先は11月決算、12月決算をまたいで新年度の資金運用が始まるヘッジファンドの動きが活発化しそうです。とのポジティブな需給でした。おじさんに代わります。

おはようございます、おじさんです。管理人からの文章は夜中に貰っていたのだけれど、おじさんの文章は朝になってしまいました。いや特に変化は出ていないんだけれどね、今のように順調な相場だと逆に書くことに困ってしまう。
特に四半期決算発表の乱高下の時期だからね。まずはテクニカルから、225、トピックス、そしてドル円もすべて問題ない上向き(ドル円は円安へ)日足の両線が上向きなだけではなく、週足、月足共に長短2本の線が上向きです。

需給については9月の3連休明けからガイジンの新規買いが先物に入り、直近では現物も買っているため現在はガイジンの買いを個人が現物、信用共に売りこしている状況。
まぁもう大勢三段上げ相場入りした相場だからね、突然の大規模テロや大震災に備えたヘッジのプット買い以外は強気をしています。さて今朝はこんな話を書かせて欲しい。それは・・・・・

おじさんは株式投資も博打の一つだと考えています。今はよいとしても2000年前後のITバブル高値から2003年春までの暴落相場。当時は米国格付け会社が頻繁に日本国債を格下げし、銀行や保険会社には持ち合い解消売りを米国発の国債ルールで売らせ、日本の個人には日経平均が暴落したら大損をする日経リンク債を売りまくった挙句、その持合解消売りが峠を越えた当たりから日本の優良株を買い、都心部の土地を買いあさって大儲けした事をおじさんはよく覚えています。

その後のグローバルソブリン債といい、日本で流行する金融商品は必ず大損するように仕組まれていますからね。また2003年からの相場が大勢二段上げで壊れてしまい、それがリーマンショックに向かうまで本当に沢山の日本の投資家が資金を失って退場していきました。ですから博打以外の何者でもありません。
ただし!相場は丁半博打やカジノの大小のように右か左に大きなお金を賭けるものではなく、麻雀や将棋のように技術を伴う博打なのです。麻雀だって将棋だって一度や二度なら初心者がプロに勝つこともあるかもしれませんが、長い時間になればなるほどプロが勝つはずです。株式投資はそちらに近い博打です。

おじさんはその博打で40年生きてきました。常にトレーダーとして戦ってきた自負があります。何がいいたいのか?株には本気で強気して良い場面と半身に構えなければならない場面、また小さな資金だけで参加し、休んでもよい場面とがあります。
今は・・・・・少なくともこの大勢三段上げ相場の天井が形成されるまでは、本気で相場と向き合うべきです。やがてこの大相場が大天井を打って暴落する場面が来ます。
それは大きな暴落になり、おじさんは先物を売って少なくとも一年は休みます。

そういう10年、20年に一度の大相場に参加しているという事も忘れないでください。もしこの相場がおじさんの想定する2019年の日経平均35000円に達さずに壊れる場合、おじさんはいち早くそれに気づき、みなさんに注意を呼びかけます。
おじさんはリーマンショックも東北大震災の暴落も無事に乗り切って来ましたから。

目先の相場については四半期決算発表時期で個別銘柄への推奨はしにくい時間にはありますが、おじさん先週末にはメガバンクを買いました。先行して投資をしていた証券株に年初来高値更新が相次いでいますが、銀行株についても先行する銘柄が年初来高値を更新してきており、いよいよメガバンクも含めた金融株に期待が高まって着ました。
商社も高値更新が続いています。

とにかく金融株へは自分の資金枠を見ながら、組み入れてください。四半期決算発表の峠を越えれば、新しい銘柄の推奨もしていきます。以上です。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月27日 11:39 (金)

ここからこの相場がもっと大きくなるためには、すでに2012年秋から大きく上げてバブル高値まで凌駕している銘柄ばかりが上げていたのではダメで、昨日の証券、本日のメガバンクのように2012年秋のこの相場の立ち上がりからさほど上げていない銘柄が循環物色されなければならないのよ。

おじさん1980年代バブル相場を血気に燃えるトレータ゜ーとして参加していたから知っています。

株は材料で上げるのではありません。上げる時期が来たから材料をつけて上げる物です。快調に今年の運用成績を更新しています。

ところで個人投資家育成のためには四半期決算の開示は本当に必要なの?おじさん知っていますよ。大手は企業訪問を繰り返して株式担当役員と懇意にしているじゃない?好決算を知っていた銘柄を先に買い上げて、決算発表で利食う。
良いから買われるばかりではない。個人投資家をびっくりさせて売らせる。何らかの規制が必要だとおじさんは考えます。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月26日 11:40 (木)

昨年からの循環物色相場で蚊帳の外に置かれていた金融株にも買い物が入ってきて、好調な決算が続いている証券株が一斉に立ち上がってきましたね。2012年秋からの最初の立ち上がりで大きな上昇率を見せた証券株の動きを期待しています。
もちろんしっかり拾ってあります。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月25日 11:36 (水)

衰えをしらない日本株ではあるけれど、さほど高揚感、過熱感はない。その理由は2019年に向けた大勢三段上げ相場の入り口である事と、全体の底上げ。つまり出遅れ銘柄に買い物が入ってきた事によるものだろうね。
連騰だから買えないではなく、連騰だから出遅れ銘柄に出遅れた人が入ってくる。おじさんそういう考えでやっています。

ここから四半期決算。12月相場が楽しみです。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月24日 11:39 (火)

先週・・・・・選挙を目指して先物を買ってきたところからの利食いが出ずに、指数と指数系値嵩株だけの相場が続いたものの、個別銘柄には値下がり銘柄多く25日騰落レシオも下落していたんだけれど、選挙後、指数より個別が強い展開になってきて、保有株の多くが年初来高値更新になっています。
まず先物を買って、決済と同時に現物を買う。昔の公的資金のような買い方をしてきた参加者がいるようですね。

指数より個別が強い相場。よい兆候ですね。

ただ、ヘッジファンドは仕込んでいるだけで自分たちでどんどん上値を買い上げる動きには至っていない。理由は今上げても自分たちのボーナスがたいして増えるわけではないからね。それに今年は解約よりも新規資金が多くなりそうなので、その仕込をしている仲間が多い。ヘッジファンドは決算をまたいでから仕込んだ銘柄を買いあがります。

自民大勝。これで最後まで円ばら撒き政策決定。ケツ持ちのツケは将来に。

2017年 10月23日 07:35 (月)

おはようございます。管理人です。先週はずっと指数は上げてとうとう14連騰しちゃいましたね。私が株を始めてからは最長記録です。とは言え個別株は相変わらず指数系値嵩株が強い展開で日々値下がり銘柄数が値上がり銘柄よりも多いと言う状態でしたから、保有株も値上がりする銘柄と値下がり銘柄とが拮抗して、先週に続いて先物の代わりにかってある1579指数連動型ETFの利益が中心でした。今週はその理由と選挙までは買うと言っていた米短期からの先物買いへの利食い状況などを聞いておきました。

香港の米系大手に聞いて見ますと、先週末、木曜日夜の米市場では一部先物への利食いも出ていたようですが、まだ今回の先物買いの多くを持ったままだと分析します。
選挙明けの相場を見てみないと判りませんが、先に先物を買って後で現物と交換する。そういう動きがあるかもしれません。との事でした。私にはよく意味が判りませんのでおじさんに解説してもらいます。

おはようございます、おじさんです。まず管理人から説明を求められている先物を買って後で現物と好感する。と言う手法についてだけれど、これは日本の公的年金の買い方と同じなんだ。日本の公的年金と言うのは、まず最初は先物を買ってきます。
通常3日間連続ぐらいで買うのだけれど、その三日目になると引けで先物が売られて個別が一斉に上昇しますね。これを今回の米系短期、極めて政府に近い筋がやってくるのか?と言うとおじさんの経験ではあまり見た事がないんだ。それでもね、おじさんのように本当の需給を聞いてから参加してくるところも多いのだから、可能性は0ではないとは思います。直近指数系値嵩株、225以外は強くなかった相場だからね。

さて、14連騰を終えて15連騰へのチャレンジの前におじさんはみなさんに何と書きましょう?明らかに加熱しているから押し目を待ちましょうですか?確かにおじさんも今回買った先物の半分は利食いしてきました。
1000円幅短期間に取れたのですから。しかし今回の上げによって日本株は2012年秋から続いている中長期上昇相場が崩れておらず、おじさんの想定どおりに2019年に35000円を目指す大勢三段上げ相場に入ったと考えています。
そういう歴史的な相場に向かう高値更新である訳だから、当選何らかのサインが出る訳であり、それが14連騰なのか?15連騰なのか?16連騰なのかはまだ判らないけれど、そういう歴史的な相場に向かう事を暗示するサインだと考えます。

今回の選挙で自民党が勝った事により、安倍政権の長期政権はほぼ間違いなく、それはひたすら新紙幣を作ってマーケットに流し込んだり、米国債を内密で買うことによって米国の金融引き締めを手伝うのが本当のアベノミクスの使命なんだから、米国株もリーマンショック以降のバブル相場に向かうのでしょうね。米国や欧州は利上げを行い、その後の景気悪化、株価暴落場面で打てる金融政策は発動出来るでしょうが、0金利政策のまま、最後まで金融緩和をさせられるわが祖国日本はどうなってしまうのでしょうね?本当に情けなく思っています。

今回の先物買い半分の利益確定をした分についてですが、おじさん先週金曜日の引け後にドルを買いました。ドル円日足チャートとの短期日足の下向きが止まると同時に日足チャートとの二本の線の長いほうの線の下向きが止まったためです。
おじさんね、一人で100億強の運用をしています。早くアシスタントを育て効率よく運用したいと望んでいますが、それは簡単ではありません。1億円のお金と100億円は違います。資金が大きくなればなるほど、先物やレバレッジをかけれる為替は使わなければなりません。

で、ここからの株への投資ですが、基本的にソフトバンク以外の値嵩株への投資はあまり考えていません。資金効率と言う点では中低位株にはかなわないからです。しかし株式併合によって株価が4ケタになってしまった銘柄も多く、つまらない相場になったと感じています。直近でも保有株の双信電機やモリテックなど急騰がありましたが、それらは皆3ケタ銘柄ですから、そういう視点でここからの投資対象を考えました。引き続き証券株に大きな買い物が入る事を期待しています。おじさんは8601大和を中心に中小と2銘柄。6702の富士通のほか、買い物が入った形跡のある6632ケンウット、お友達の6773パイオニア、6796クラリオン。これは488円抜けあければ参戦。重要な高値を取ってきた銘柄として4ケタですが3436のSUMCO。とりあえず現物に買いが入ればここを拾っておきたい銘柄はこのあたりです。

サイコロの加熱は間違いありませんが、ここから指数は伸び悩む場面があっても個別は強く、円安に動く。これがベストシナリオです。以上です。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月20日 11:38 (金)

この2週間ほど指数が大きく上げたものの、個別銘柄は日々値下がり銘柄が多く25日騰落レシオも下げていたね。この理由は今回の買い手が久しぶりに日本株の先物を買ってきたものの、まだ日柄的にも本格的な個別株への買い物が強く入っていないという事だね。抜け買いの先物には山登りの利食いを入れつつだけど、安い買い物は今後ロールオーバーせせて持つ予定。

指数よりもずっと個別は弱い相場。もう少し時間かかるねーー

お約束の選挙まで強かったね、売りのCTA、買いの米短期。ここからは個別。

2017年 10月19日 05:27 (木)

こんばんは、おじさんです。変化がありました。下向きになっていて少し懸念材料でもあったドル円日足チャートの短期線が本日上向きに転じました。まだ長い線が下向きですが、短期日足が反転した事により円高には動きにくい形と変化しています。
さて、今夜の米市場も強いですね。そして9月連休明けから先物を買ってきた米短期筋(ここで言う短期筋は6月からサマーバカンスまで二部、新興の低位株を次々にかち上げた短期筋ではなく、インサイダーに近い筋、イベントドリブン的なという意味)は大成功だったね。北朝鮮の動きも彼らの買いし掛けが入ってからは止まっているよ。

面白い話を一つ。これは本当の需給をよく知るガイジンからの話なんだけれど、短期筋が先物を売り仕掛けている時。ここで言う短期筋とはCTAではなく純粋な仕掛けと言う意味ね。
この時決まって北朝鮮ネタが飛び出すのよ。まだ北朝鮮のミサイル実験で大きな報道がなされていない時だったけどね。これを我々ヘッジファンド業界は北朝鮮ネタが飛び出したと言うのよ。これは推測でしかないけれど、今回選挙まで先物を買った米短期筋は極めて米国政府に近い資金で、彼らは北朝鮮の動向を知っている。またはコントロールしてる。って事ね。

でもおじさんだって日本人だからね。そこまでの情報網は無いよ。だからこそ嫌な白人達ともお付き合いをし、BARに行ってだべり、パーティに参加し、日本国内の需給についてはいつでも知っている事は全部話す。
あるのよ月半ばに教職員年金などが株を買ったりすると、おい誰の買いなんだ?とかさ、奴らとの付き合いはギブ&テイクをしっかりやらないとイエローのおじさんには情報が入ってこないからね。今の世の中、情報なんて腐るほど氾濫してるさ。でもね中には100%の情報ってのもあるものさ。読者がおじさんの情報をどのぐらい信頼しているのかは知らないけれど・・・・・

【月曜日から突然日本株を強く買ってきたのは、おそらくは米系の情報通のファンドとその取り巻き。当面強気を続けるのは10月22日か29日と言われている日本の選挙まで。この話を昨日聞いてきました。
上値目標とかは何もなかったね。時期だけ。】

この文章をおじさんは9月21日の早朝に書いたのよ。その後指数はもみ合いを数日続けて20200円台でおじさんは先物を強く買ったんだ。もちろん20481円抜けも追加して買ったけどね。今週は選挙に向けて追加した先物を山登りのように利食っています。20200円台での買い物についてはロールオーバーしながら持ち続けるつもりさ。さて需給の重要さを説明した後は今後の相場展開について。

今回ね、米系の先物新規買い、選挙までは強気継続。と言う情報を聞いておじさんはソフトバンクと指数先物に集中したのよ。数百枚だけどね今の所1000円幅と1200円幅。この売買でファンドの運用成績を短期間に5%ほど上積みしたけれど、個別が全然ついてきていないのよ。本日の相場なんて東証一部の値上がり銘柄700強に対して値下がり銘柄は1200以上、東証2部指数も下げてる。とにかく225だけが強い展開でトピックスは完全に割り負けているのが今の相場なんだ。
現時点では選挙が終わって先物へどれだけの利食いが出るのかは判らないけれど、一つ判る事があります。

それは今回の先物への買い仕掛けが一段落すればトピックスも強くなり、そこからは個別株相場に移行していくという事です。時期的にもヘッジファンドに新しい資金が入ってくるのは11月、12月だしね。
470円台から買っている7211三菱自動車が本日3ヵ年計画を出しました。3年以内に販売台数を30%上乗せ、経常利益率も6%を目指し設備投資を行うと言う計画です。この銘柄おじさんは3000円目標です。
証券株にも期待しています。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月18日 11:38 (水)

1980年代バブル高値に向かう相場では大勢2段上げの主役は金融株だったんだ。おじさん当時参加者として運用をしていたからね。今の相場、11連騰なのは需給的には先物を仕掛けたところがあったからなんだけれど、この先に大きな相場が待っているからこそ成しえたとおじさんは考えています。
食品、医薬品、化学、機械、電気がバブル高値を大きく凌駕する中、2012年からさほど上げていない業種や銘柄がまだ沢山取り残されているのが今の相場。

取り残された銘柄が上げると指数はスルスルと上げることが出来ます。今こそ上げていない銘柄の変化にも注目を。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月17日 11:38 (火)

9月の連休明けから米系の資金が先物を買ってきて、とりあえずは選挙に向けてとの彼らの話を聞いておじさんも先物をメインにやってきているけれど、安い買い物を半分、20481円抜けを半分としていたんだけれど、先週末から高い買い物は徐々に山登りの利食いを丁寧に進めています。
個別銘柄には変化が出ており、昨日から放置されていた銘柄にガイジンの新規買い確認。これは良い循環物色の兆候と捉え、先物の利食い分は新しい銘柄の仕込を開始。

指数の頭がつかえてきており、ドル円の日足も重い形なのでここからじっくり仕込み開始です。

1987年秋から1989年末再現イメージ

2017年 10月16日 04:28 (月)

こんばんは。管理人です。先週は私にとってはすごくストレスの溜まる相場でした。指数は順調に一昨年6月の高値を更新して、おじさん曰く大勢三段上げ突入と言う場面なのですが、保有株が思ったほど伸びてくれず、おじさんのように何百枚もの先物を買う資金も無く、1579などの指数連動型ETFを少々持っている程度では運用成績の更新は出来ませんでした。
もちろんほぼ成績は年初来最高金額には近いのですが、指数が上げているだけにイライラする相場が続きました。本当、私だって相場歴は30年近くあるのですが、効率よく儲け続けると言うのは大変な作業ですね。

香港の米大手に聞いて見ますと、9月の連休明けから選挙までと先物を買って来たところからの大きな利食いはSQ通過後も出てこなかったため、まだ買い物が続きましたね。北朝鮮りすくに関してもトランプ大統領のアジア歴訪が11月に控えており、少なくともそれまでは大きな軍事行動はないだろうとする安心感もマーケットにはあるようです。
やっと上値のつかえが取れたことで日本株に対して投資を増やしたいという問い合わせも増えてきつつありますが、まだ先物への買いが中心で、これからですね。との事でした。おじさんに代わります。

こんばんは、おじさんです。前号で書いたけれど管理人の言う投資効率を考えるのならば、一番に考えなくっちゃダメなのは(その時の買いの主役)なのよ。おじさんは立場上その需給を知れる立場にあるからね、大きな売りが入ってそれがCTAならその日の夜には判るし、6月の米短期筋が入ったときもいち早く判る。そして彼らがサマーバカンス前に半分利食った事も判る。そして9月の連休明け。ここから選挙に向けて先物への買戻しと久しぶりに短期筋が先物を買ってきた。彼らは選挙まで買っていくようだと。ここまで書いたはずだよ。おじさん、ズルはしないよ。自分だけが本当の需給を知っているのにみんなに黙っている。そんな事はした事もないし、出来ないさ。無事にみんなを今回の相場が大天井を打つまで案内して、そしておじさんも引退を考えるの。
言いたいのは・・・・・・需給にあわせた売買をして欲しいという事。管理人も、アシスタントの周も頻繁に資金力の差、資金力の差と言うけれど、100万円のお金を増やせない人間に1億円は扱えないもの。1億円の資金を効率よく運用できない奴は100億円は扱えないものなんだ。管理人の資産は知っているけれど、1579数枚程度しか入れれないほど小さくはない。慣れていないから張れないだけだ。

そう、今個別株は指数ほど伸びていない。いや逆に弱ってきた銘柄だって少なくない。だって、だってソフトバンクやファーストリテーリングが指数を50円も60円も押し上げているだけの相場なんだもん。先物が買われるから指数系値嵩株へ買い物が入るものの、人気が集中する相場ではないから普通の銘柄は全然強くない。
先週買われた銘柄を観察しても建設大手、225の食品に空運、JR各社、電鉄、ガス、それにファナックなどの指数系値嵩株。正直、おじさんがソフトバンクと先物で今回の選挙までの先物買いにあわせた戦略を取った事をチャットルームでも繰り返し書かせたけれど正解だったはずだよ。おじさんは成績更新して行ってるからね。

さて自慢話や説教じみた話はここまでにして、ちょっと売られてきた銘柄の特徴を観察してみるとだね、今年春からずっと強かった化学株に弱さが広がりつつある。短期日足が下向きになってきた銘柄が増えてきています。
おじさんが投資していた化学の3銘柄の現物に半分利食いを入れた話は書いたけれど、東ソー、三井化学なども弱まってきました。一方で証券株の一角、不動産などにも底値のもみ合いから立ち上がってる銘柄が出始め、そろそろ化学や先週一度目の利食いを入れた3315などから乗り換える銘柄の候補を選定しておきました。

おじさん、チャットルームでは早くから書いておいたけれど6501の日立を700円がらみで買ってあります。ま、大きな意味はなくって良く手がける銘柄の一つなので買っておいたのですが、継続的な買い物が入ってきており、今後押し目があれば追加しておきたいのと、6702の富士通を現物として組み入れようと考えています。
この銘柄は870円台に重要な過去の高値があり、一昨年の3月と、今年の7月に870円台をつけてそこから反落していますが、先週末にかけて明確に抜けてきました。
ITバブル相場では5000円台の高値を示現した銘柄でもあり、ここへ資金を入れておこうと考えます。

それと、指数のチャートは文句なく日足、週足共に上向きですが、ドル円の日足チャートの短期日足線が上げ9合目から反落してきました。今回の選挙までと聞いている短期筋の先物買いのおかげで円安と指数が必ずしも連動してはいないけれど、この先物買いが利食われた後はまたドル円相場と連動する可能性もあり、予定通り、10200円台の先物の半分は選挙後も持続を続けますが、20481円抜けの買いについては明日からも5分割の3回目の利食いを進めていきます。
管理人も周もストレスを溜め込んでいますが、株には先物をやらなければならない場面もあるものです。それは決して買いだけではありません。突然先物に大きな売り物が連発して下げた。こういう場合、現物をザラバの動きで売る事はありませんから、まずは先物を売らなければなりません。

おそらく2019年のどこかでそれはやってきます。そしてそういう強い先物売が出た場合、おじさんは持っている全ての情報源に連絡を取り、誰が売ったのか?それを確認します。CTAだ、それも大手の数社が売って来たとなればかなり警戒しなければならないからです。日本株が大きく下げていく時、100%の確率で先に先物に大きな売り物が出ますからね。
だからこそ先物の売買に慣れないとダメです。絶対に。ではまた明日。

9月連休明けからの先物勝負成功。ここからの戦略。

2017年 10月13日 07:53 (金)

おはようございます、おじさんです。うん今回先物をメインに投資していたおじさんは順調だよ。先物ってのは基本レバレッジ取引だから投資資金に対する利益は大きいんだ。
アシスタントの周はおじさんとの資金の差を良く言うけど、今の彼には100億円の運用は出来ないよ。おじさんは海外のヘッジファンドのBOSSだから、本当の需給を知れる立場、位置にいます。それを40年の経験から得た投資技術やテクニカルで利益に変えていく。そんな仕事をしているんだけれど、ここまでおじさんは知りえた情報を可能な限り早く、みんなにも伝えるようにしてきました。自分だけ知っていて買ってからみんなに教える。そんなズルは大嫌いだからね。

ちょっと今朝はみんなに伝えておきたい事があるんだ。それはね、日本のマーケットの出来高の70%以上をガイジンの売買が占めるようになっている中で、その時々のガイジン買いには主役があり、それに見合う投資をしなければ決して(効率の良い投資は出来ない)という事なんだ。

ガイジン買いで一番大きいのはアローヘッドを使った超高速売買。これは多くのファンドがAIを利用したソフトで動かしているから厄介だよ。大きな利幅は取らずに細かい利食いと仕掛けを繰り返していく。1000億円使って10億円儲けるイメージかな・・・・・とにかくこれが導入されてから短期売買が難しくなって、それまでは多くいた中小証券の証券ディーラー、歩合契約トレーダーが駆逐されてしまった。
来たと思って買いを入れても取れない事が非常に多くなっているのはこのせいなんだ。

後はグローバルマクロの投資家。これは基本米国株が上がるから日本株保有比率維持のために買いを入れてくる。機械みたいな買い方。

そして安定しているのが個別株物色のファンド。ここは狙った銘柄を自分たちで仕込んで自分たちで買い上げていく。お客さんに運用成績を公表する期末、半期末に向けて買い上げてくる。評価益を出すためにね。
ここは小型株を中心にかなりのファンドが参戦中。

後は本当に大きな資金を扱う中長期資金と相場の変動要因として役割の大きい短期筋。中長期資金についてはグローバルマクロと同じ位置づけでもあるので説明はしないけど、米短期筋ってのは様々なタイプ、戦略に分別される。6-7月に入った米短期筋は早くて1ヶ月、長くても3ヶ月までに売買を完結させる非常にアグレッシブなところ。材料もクソもない低位株を得意としていて、相場があまり良くない時でも通常1年に一度は入ってくる。この米短期筋と言うくくりには多くの日本人の投資資金も入っているんだけれど、みんな外国に籍を置いて海外から発注しているのよ。
何故かって?そりゃ日本人が日本の材料も無いような低位株を倍にでも動かしてご覧よ。株価操縦で捕まってしまうじゃない。だから米短期筋の動きが出ればみんな参加してくるものなんだ。

他にも非常にインサイダーに近いイベントドリブン。今回のように先物で勝負してくる短期筋。まさに魑魅魍魎の群れだがね(笑)

今朝、言いたいのはねせっかくその時のマーケットに入っているガイジンの主役が何なのかを聞けるんだから、それにあわせた投資をしないと資金効率が悪くなるよ。って事。
6-7月の2部、新興低位株への短期売買は正解だよ。主役が2部、新興低位株を主戦場としている短期筋だったからね。それ以外の時期はトレンドの出ている個別株物色銘柄。

しかし今回は久しぶりに先物を買ってきた短期筋がいます。選挙までやると言っていますとここまでおじさんが調べてるのにわずか先物5枚で相変わらず低位を見ている周の利益が伸びなくて当然だよ。

昨夜のシカゴの日経先物は途中まで非常に強くやはりSQ値を高くしたい動きがありありと見えましたね。おじさんは本日の寄り付きも抜けを買った先物を山登りの利食いしていきますね。
それと、ここまで堅調だった保有株の中からも日足チャートの短期日足が下落してきた銘柄が出始めており、相場の若い銘柄への投資も必要と考えます。この週末には一覧表を作っておきますね。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月12日 11:36 (木)

おじさんは、本日から抜け買いの先物。高いほうの玉へ山登りを始めたよ。昨日、抜けた保有株の一つのソフトバンクがぶっ飛んでいるけれど、もう個別の伸びは小さくなっています。
SQ通過後、選挙後の物色の流れを確認したいところだね。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月11日 11:38 (水)

9月の連休明けから選挙に向けた外人の買い物が確認され、引き続き先物強気でここまで順調。昨日も保有株の多くが年初来高値更新となっているしね。ただ個別株物色の強い相場ではなく短期、スイングは取りやすいとは思わない。
いよいよ一昨年の高値が意識されてきたけれど、すでに食品、医薬品、化学、機械、電気、精密はバブル高値を越えており、動いていないところが今後上げ始めれば指数も強く動くだろうね。

ここから来春までが稼ぎ時かな。昨年12月から資産倍増も見えてきたけれど、あえて目標は立てない。相場に逆らわないだけ。

指数も為替も良い形だけれど今は個別は難しい。その理由。

2017年 10月10日 02:06 (火)

こんばんは。管理人です。まぁ順調ですね。私の最大保有金額株の7211三菱自動車が先週末、終値ベースでの高値更新で引けてくれたのと、先物は金額的に私には大きすぎるので指数連動型ETFの1579なども含み益で推移し、先週も運用成績の更新が出来ました。これで昨年12月からの投資金額に対する含み益と確定益の合計はプラス68%まで来ました。
もっとも平均480円台で買っている三菱自動車がもうすぐ倍になるのですから、もう少し短期、スイング売買を積極的に上手にやる必要があると感じております。
もちろん万が一に備えての掛け捨て保険としてのプットは買っては消滅が続いていますから、守りもしっかり固めた上での投資としては満足行く成績だとは思います。

香港の米系大手に聞いて見ますと、とにかく米国株が強いためグローバルで運用する大きな資金は全世界的なポートフォーリオの割合が決まっているため、日本や新興国にも買いを入れてきてています。
関係者の間で少し話題になっていたのは、今の日本株は2年以上前の高値20962円に接近してきているのに出来高が14億株や15億株しか出来ていません。この事はかなり日本株売りたい売り物が減少してきていると思われます。
ただ日本株だけを買ってくるという事ではなく、あくまでグローバルな株高のために日本株を買っているという事です。解散→選挙までを狙ってきた短期筋は先物メインですからね。と言う事でした。おじさんに代わります。

こんばんは、おじさんです。管理人を始め順調に利益を上げてくれているみたいでおじさんも喜んでいます。ただね、おじさんは最近の相場、難しくなったと感じています。
おじさんは買っていた化学株の現物が3銘柄あったんだけれど、それぞれ半分利食いしたのです。銘柄はここにも何度も書いたしチャットルームでもフォローしていますから知っていると思うけれど、4100戸田工業。これは短期、スイングでも良く取らせてもらった銘柄だけれど、株式併合で株価が10倍になってからの動きが悪く、短期日足線が下落。4216の旭有機材。4228の積水化成。これも良くあげてくれたけれどこの3銘柄は半分は利食いとしました。

今、個別銘柄は6-7月の米短期筋低位株からサマーバカンス明けになってEV関連、リチウムイオン電池関連などが動いた後、先週の更新で端境期だと書いたでしょ?
その状況は先週の指数の強調場面でも変わっておらず、日経平均の25日騰落レシオは9月28日以降下落しています。これは株式併合によって単位と株価が変わった銘柄に値下がり銘柄が多いことも影響している可能性が高いものの、強いのは指数と指数系値嵩株の相場になってしまっており、次の物色の柱が見えない。上げている銘柄に共通性が薄い。という事をおじさんは感じています。

だからこそおじさんは今回は先物メインでやっているのだけれど、おじさん選挙後に強い買い物が入りそうな予感がしています。と言うのはガイジンが日本株にもっと積極的に入ってこないのは、安倍さんが今回の選挙を乗り切って資金ジャブジャブの金融緩和を続けてくれるのだろうね?って事なのよ。彼らの最大の関心はそこなの。
リーマンショック以降、QE1、QE2、QE3と称して米国政府はドル紙幣を発行してマーケットに流し込んだ。リーマンショック前のドルと比較して4倍にまでドルの発行量を増やした。中国もロシアも欧州もみんな右へならへとしたんだ。
そのケツ持ちをさせられているのがアベノミクスの本当の正体なんだよ。日本までが金融緩和を止めてしまったらマーケットが混乱に陥る。だからこそみんな選挙を気にしているのよ。

米国は日本のマスコミを操縦するのが上手だからね、結局は自民党勝利で終わって、そして日本株へ買い物が強くはいってくるとは思います。まだおそらくだけれど、9月の3連休明けに先物に買戻しと新規の買いが入った場面で、メガバンク、証券、不動産大手、造船など長らく安値に放置されていた銘柄に買いが入ったのは、その兆候だとおじさんは見ています。
ただね、そういう長期低迷銘柄は一本立ち上がっても長いもみあい場面で作った大量の出来高をこなさなければならず、おじさんは選挙後にそういう買い物が入ったのを確認してから、みんなにも強気を言うつもりなのです。

明日、北朝鮮のミサイル発射や原水爆実験の有無はわからないけれど、基本的におじさんは選挙までは先物を保持します。そういう状態だからおじさんのポジションは総預かり資産に対する現物比率は再び40%を下回っていて、その分強めに先物を保有しています。今週末の検証では前回指摘した好業績の不動産株に高値更新銘柄が増加していました。
気になった銘柄は8584のジャックスです。これは株式併合後に買い物が入った銘柄の一つで、アジア新興国向けに三菱自動車のローンを受け持つ事になっており、業績は順調。これも保有株の一つだけれど、安い場面あれば追加しても良いと考えます。

それとね、チャットルームで日々自分の売買やおじさんの相場観をみんなに伝えてくれているアシスタントの周なんだけど、また体調が悪いんだ。どうも彼の病気は内郭痔だけではないようで、場合によっては来月当たりにまた手術しなければならないようなのです。おじさんにとっても彼以上のアシスタントは他にはいないので、すごく心配しています。
明日、朝から検査に行ってから出社する事になっておりますから、チャットルームの開催時間は遅れる事をご理解くださいね。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月06日 11:46 (金)

今回のガイジン買いには先物をメインについていったけど、最大の保有株三菱自動車の好調でよい運用。これをメインでやってるのは欧州系のファンドなんだけれど、三菱自動車の燃費不正問題で売られた後、彼らが買った場面で三菱自動車は売り上げの10%しか国内で販売していない。売り上げと利益の大きいのはアジアの新興国。そこでは三菱ブランドはすでに絶大。
とレポートが出ていたけれど、インドネシア工場の新型SUVがいきなり大きな受注を抱えたそうだね。本日時点で24000台か・・・・この数字はすごいよ。

また三菱自動車の持つEV技術も長けており、引き続きおじさんはここをメインに運用を続けます。しかし・・・・・リーフの販売に危機を抱いての日産イジメはいただけないね。どこかがすごい販売攻勢をかけてるけど。EVへの流れは加速すると考えます。
目標3000円以上なんだけど(笑)

本当の相場概況 昼版

2017年 10月05日 11:36 (木)

指数が年初来高値を抜けても一気に走れないね。個別も値下がり銘柄が多く、指数系値嵩株に動きがあるため個別株物色の人たちも買い上げれず、トレードとしてはつまらない相場。
10日の北朝鮮リスクは当然気にするだろうからやりにくい場面だね。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月04日 11:37 (水)

指数が年初来高値を更新し、楽しみにしているけれど今日は個別は強くないね。指数系値嵩株に支えられている相場。ただ6-8月に活躍した銘柄の中から明らかに弱まってきた銘柄も出ていて、循環物色を読んでいく必要はありますね。
今回、先物中心にやっています。

本当の相場概況 昼版

2017年 10月03日 11:38 (火)

指数は年初来高値を更新したけれど、こういう日は指数系値嵩株に買いが向かうので、個別株物色されていたところの動きはもう一つだね。別に指数が上げなくても成績が更新していく相場だったからね。
もちろん9月連休明けからは先物の買いはあるよ。先物を買って万が一の掛け捨て保険のプットはポジションに応じて入れてあるんだ。

どちらかと言えば個別株物色の相場のほうが取りやすいね。

短期の的は絞りにくとも含み益は増える。

2017年 10月02日 04:44 (月)

こんばんは。管理人です。先週の初めのような迫力のある相場ではないものの、引き続き順調な相場が続いています。先週は週初に今回の急騰劇の詳しい需給がおじさんから聞けたので、それに合わせた売買を心がけました。
9月19日の連休明けの相場では、解散→総選挙の報道を受け先物の買戻しが半分。ガイジンの新規買いが半分だったという事で、買戻しや新規買いの理由は過去、解散→総選挙までは株高になることが多く、近年では14勝1敗だ。だからガイジンが動いたとの事ですが、その後急騰場面で強く買われていた指数系値嵩株や、全く動きの無かった銀行や証券、造船、不動産などは指数の上下に合わせてフラフラ動いており、おそらくガイジン買いがどんどん増えてきたという需給には至っていないように感じます。

自分の売買についてですが、チャットルームでアシスタントの周さんが書き込んでくれる5分足下げいっぱいのタイミングでソフトバンクや1579などの指数連動型ETFを買ったりしていますが、あくまで5分足観測の上下を取っているだけです。
現物の追加は先週半ばにおじさんから推奨があった建設と不動産。私はスコシ保有している1893五洋建設に追加買いを入れて8897これもスコシ保有がある8897のタカラレーベンを現物として買っています。先週は短期で6955のFDKが取れたので運用成績の更新は出来ています。

香港の米大手に聞いて見ますと、久しぶりに日本株の指数先物に買いが入りましたが、ヘッジのために先物を売っていたところからの買戻しが殆どで、上値を買ってくる動きはまだ見られません。
との事でした。おじさんに代わります。

こんばんは、おじさんです。おじさん、相場の解説者ではなくってあくまで参加者だからね、指数がいつまでにいくらまで上げるとか、下げるとか、そういう予測をするよりも、銭が儲かる相場なのかどうなのか?って事を重視しているんだ。
そういう意味では良い相場が続いていると考えています。先週末はスコシ下げたものの、東証一部の新高値更新銘柄は200弱もあり、圧倒的に新安値更新銘柄を上回っていますね。つまり銘柄選定さえ間違えなければ利益は増えていく相場だと判断します。

ただ短期、スイング狙いは難しくなった印象です。今回のガイジンによる先物買いと、全く動きの無かった銀行、証券、不動産大手。造船や充電などの主力銘柄に買い物が入ったため、そちらが動けばここまで強かったEV関連銘柄や半導体商社などの動きが鈍り、先週半ばには主力株が弱含む中をEV関連などここまで強かった銘柄にまた買い物が入っていたよ。つまり短期、スイングの的は絞りにくい相場展開だという事。

選挙までの相場観は明日から木曜日当たりまでは強そうだれど、週末から来週10日に向けては押し目形成イメージですね。どうしても10日の北朝鮮の建国記念日は気にするでしょうからね。
先週の新高値更新銘柄への検証結果から、建設と好業績の不動産2番手銘柄に高値更新銘柄が増加してきたため、すでに利の乗った保有株がありますが、1893五洋建設と8897タカラレーベンは積み増しOKとして、その他1419タマホーム、1873日本ハウス、8923トーセイなどを参考銘柄としておじさんも組み入れています。

本日は以上です。